シャープ:電子書籍サービス12月開始、名称は「ガラパゴス」

携帯電話国内最大手のシャープは27 日、電子ブックストアサービスを今年12月から開始すると発表した。専 用端末2機種も同時に発売。新聞や雑誌を自動的に定期配信するサービ スや、お薦めの書籍の体験版を無料で届け、気に入ればすぐ購入できる 機能などを備えた。当初は新聞、雑誌、書籍など約3万冊を用意する。

大畠昌己執行役員は同日都内で開いた会見で、「2011年のできるだ け早い段階で100万台の契約を目指したい」と述べた。専用端末のブラ ンド名は「GALAPAGOS(ガラパゴス)」。画面サイズは文庫本 感覚で読める5.5型と雑誌が見開きで楽しめる10.8型の2機種。端末価 格は「世の中に出回っているものとほぼ同様にする」という。端末の基 本ソフト(OS)は米グーグルの「アンドロイド」をベースにした。

オンリーワン商品・デザイン本部長の岡田圭子氏は「電子ブックス トアサービスを第1弾とし、第2弾となる映像、映画などの配信は来春 を予定している。その後、広告サービスやEコマース、電子教科書とし ての利用も検討する」と語った。

「ガラパゴス」という言葉は世界の流れとかけ離れた日本の特異的 進化を揶揄(やゆ)する言葉として使われることが昨今多いが、岡田氏 は「変化に敏感に対応していく『進化』の象徴としてとらえた」と説 明、従来の売り切り型商品ではなく、ネットワークを通じたサービスと 一体化することで購入後も進化し続ける商品を意味すると述べた。

シャープは7月の発表で「ガラパゴス」を海外で展開することも表 明しており、米国では米ベライゾン・コミュニケーションズと連携する ことを検討している。12年度までに欧米でも事業を開始し、電子書籍事 業を通信部門の柱に育てる方針だ。

電子書籍端末市場では、米アップルの「iPad(アイパッド)」 や米アマゾン・ドット・コムの「キンドル」が世界展開を進めている。 米で市場を開拓してきたソニーも年内に企業連合を組んで日本に再参入 することを表明しており、競争が激化するのは必至となっている。