【香港・注目株】サンフンカイ、亜洲水泥、HSBC、世茂房地産

香港株式市場での主な注目銘柄は 以下の通り。株価と株価指数は前週末の取引終値。ハンセン指数は

0.3%高の22119.43。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%高の

12218.60。

不動産株:香港の住宅価格が2週連続で低下したと、センタライ ン・プロパティー・エージェンシーが明らかにした。センタラインに よると、19日終了週の住宅価格は前週比0.7%低下した。

サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、16 HK):時 価総額で香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロパティーズ は1.3%高の126.80香港ドル。2位のチョンコン・ホールディング ス(長江実業集団、1 HK)は1.4%高の113.10香港ドル。

亜洲水泥(中国)控股(アジア・セメント・チャイナ・ホールデ ィングス、743 HK):同社のセメントの平均販売価格が今年は1ト ン当たり20-30元上昇する可能性があると、香港英字紙スタンダー ドが同社の最高経営責任者(CEO)の話として伝えた。株価は

0.3%安の3.43香港ドル。

HSBCホールディングス(5 HK):HSBCはマイケル・ゲー ガン最高経営責任者(CEO)が退任し、投資銀行部門責任者のスチ ュアート・ガリバー氏が次期CEOになると発表した。スティーブ ン・グリーン会長の後任にはダグラス・フリント最高財務責任者(C FO)が就任する。株価は0.6%安の80.60香港ドル。

世茂房地産(813 HK):中国の不動産開発会社、世茂房地産と台 湾の遠雄企業グループの不動産部門との合弁会社は年末までに中国で 多目的公園の建設を開始する。遠雄の趙藤雄会長が台北で明らかにし た。世茂の株価は0.7%安の13.34香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE