日本株は4日ぶり反発、輸出や資源高い-米景気不安後退

東京株式相場は4営業日ぶりに反 発。米国耐久財受注統計を受けて景気に対する不安が後退し、電機や 精密機器、機械など輸出関連株軒並み上げた。国際商品市況の上昇も 追い風となった商社や鉱業株も買われ、業績改善期待が加わったゴム 製品株は東証1部33業種の値上がり率トップ。

日経平均株価の終値は前週末比131円47銭(1.4%)高の9603 円14銭、TOPIXは10.89ポイント(1.3%)高の849.30。

BNPインベストメント・パートナーズの清川鉉徳チーフファン ドマネジャーは、「米国経済は二番底にならないが、ジョブレス・リカ バリーとあって回復は時間をかけるしかない」と指摘。日本株は「円 高がこの水準で止まるようなら、為替をやや悲観し過ぎた感じがする」 と話していた。

24日に発表された8月の米耐久財受注は、航空機を除く非国防資 本財受注額が前月比4.1%増加と、前月の5.3%減少からプラスに転換 した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は1%減。 シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストによると、「設備投 資は今年前半に比べると減速しながらも、増加基調を維持している可 能性が高い」という。

補正予算規模、浜ゴム増額、配当狙い

また、日本政府関係者は27日、政府が景気対策として検討してい る今年度補正予算案の規模について、約4兆6000億円に上る見込みで あることを明らかにした。国内景気の二番底リスクが低下するとの期 待感も下値を支えた。

業種別では、資源や輸出関連業種とともに、ゴム製品の上げが目 立った。横浜ゴムは午後1時、4-9月(上期)の連結純損益予想を 上方修正した。これを受けて、ゴム製品指数は上げ幅を拡大。東洋証 券の大塚竜太情報部長は、「10-12 月業績が全般心配されながらも、 横浜ゴムが足元業績予想の増額後に買われるなど、マインドが変わっ てきている」と見ていた。

このほか需給面で、きょうは3月決算企業の9月末配当権利付き 最終日に当たる。みずほインベスターズ証券の稲泉雄朗エクイティ情 報部長は、「海外株高を受けて配当狙いのインデックス買いが入りやす くなっている」とし、予想以上に株価指数の上げが大きくなったとし ていた。

東証1部の売買高は概算で16億7054万株、売買代金は同1兆 1694億円。値上がり銘柄数は1328、値下がり銘柄数は241。

日電硝が大幅高、下落率上位に消費者金融

個別の材料銘柄では、きょう終値ベースで日経平均への新規採用 インパクトが生じるほか、CLSAアジアパシフィックマーケッツが 「買い」の投資判断を強調した日本電気硝子が東証1部の売買代金首 位で大幅高。おう盛な建機需要は想定以上とし、クレディ・スイス証 券が目標株価を2150円に引き上げたコマツ、業績回復期待や財務健全 性への評価から日神不動産も上げた。

半面、東京商工リサーチが27日、会社更生法を申請する見通しと 発表した武富士の連想から、収益環境の厳しさが警戒され消費者金融 株が急落。アイフル、プロミス、アコムは東証1部の下落率上位3社 を占めた。シンキなどを通じてノンバンク業務を展開する新生銀行は 上場来安値。11年3月期の連結純利益予想を減額したマースエンジニ アリングは急落した。

新興3市場は安い

国内新興3市場は安い。ジャスダック指数の終値は前週末比

0.1%安の48.21と反落。東証マザーズ指数は1.6%安の363 と3日続 落し、大証ヘラクレス指数は0.8%安の563.82と4日続落。

個別の材料銘柄では、東証1部でその他金融株が大きく売られた 流れが波及し、総合金融サービスを手掛けるUCSが急落。迂回献金 の疑いがある、と27日付の毎日新聞朝刊が伝えたワールド・ロジは大 幅続落した。売買代金上位ではコスモスイニシア、ブイ・テクノロジ ー、クルーズが安い。

半面、デフレ局面で成長が持続できる点を評価し、三菱UFJモ ルガン・スタンレー証券が投資判断を「アウトパフォーム」とした一 建設は反発。売上高が想定以上で、10年8月期利益が従来計画を上回 ったもようと発表したサマンサタバサジャパンリミテッドが午後急伸。 売買代金上位ではアズジェント、キャンバス、いちごグループホール ディングスが上げた。