9月27日の海外株式・債券・為替・商品市場(Update1)

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロ下落、対ドル5カ月ぶり高値離れる

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し5カ月ぶり 高値から下落。欧州の銀行やアイルランド、ポルトガルといった国で 債務問題の兆候が再び見られたことから、域内資産への需要が後退し た。

ユーロは主要16通貨中、12通貨に対して下落。また、米連邦 準備制度理事会(FRB)が追加金融緩和を実施するとの観測から米 国資産が買い控えられ、ドルは一時、主要通貨のほとんどに対して値 下がりした。南アフリカ・ランドは対ドルで約2年半ぶり高値に上昇 した。

シュナイダー・フォーリン・エクスチェンジの市場分析担当責任 者スティーブン・ガロ氏(ロンドン在勤)は、「ソブリン債および財 政面での欧州周縁国の状況は一段と悪化しつつあり、改善はしていな い」と指摘した。

ニューヨーク時間午後4時11分現在、ユーロはドルに対し1ユ ーロ=1.3466ドルと、前週末24日の1.3492ドルから0.2%安。 一時は1.3507ドルと、4月20日以来の高値を付ける場面があっ た。対円では113円40銭(前週末113円62銭)。ドルの対円相 場は1ドル=84円22銭(前週末は84円21銭)。

米株式市場では、S&P500種株価指数が0.6%安。ニューヨ ーク金先物相場は、1オンス=1298.60ドルで終了した。

欧州の動向

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は欧州議会で、ユーロ圏 の経済成長とインフレは緩やかな伸びにとどまるとの見通しを示し、 ECBが早急に利上げする計画がないことを示唆した。

オンライン外為取引会社ゲイン・キャピタル傘下のフォレック ス・ドット・コムのチーフトレーダー、ティム・オサリバン氏は、 「市場は、どの国の経済がより悪い状況にあるか見極めようとしてい る」とした上で、「長期的な解決策があるかどうかはまだ分からない」 と述べた。

独誌シュピーゲルは、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧 州委員会が、ドイツのバイエルン州立銀行とウェストLB、HSHノ ルトバンクの州立3行について、存続の可能性に疑念を抱いていると 報じた。欧州委がアスムセン独財務次官にあてた書簡を引用して伝え ている。

またドイツ紙ハンデルスブラットが複数の政府当局者の話を基に 報じたところによれば、欧州中央銀行(ECB)は、アイルランドの 債務借り換えを支援するためユーロ圏救済基金を利用することを検討 した。同紙は当局者の名前は明示していない。

銀行問題

トラベレックス・グローバル・ビジネス・ペイメンツの市場アナ リスト、ジョー・マニンボ氏は「欧州域内の銀行セクターをめぐる懸 念が根強いため、ユーロはドルに対する上昇基調を維持できないよう だ」と分析した。

ハンデルスブラットによれば、ユーロ圏の複数の国が、必要とな った場合に備えアイルランド救済の資金を準備するよう求められた。 最終的に当局は基金利用を見送ったという。

アイルランド政府は、昨年国有化したアングロ・アイリッシュ銀 行の最終的な救済費用の見積もりを今週公表する。

ランド

南アフリカ・ランドは上昇。金相場の値上がりのほか、南アフリ カのマスマート・ホールディングスが米ウォルマート・ストアーズか ら最大42億ドルで買収提案を受けたことが材料視された。

ランドは対ドルで1ドル=7.0083ランド。一時は0.8%高の 1ドル=6.9648ランドと、2008年1月以来の高値に上昇した。 前週末は7.0190ランド。

◎米国株:反落、欧州債務懸念で-M&Tが急落

米株式相場は反落。米銀M&Tバンクとスペインのサンタンデー ル銀行の合併に向けた交渉が決裂したとの観測を背景に売りが優勢に なった。アイルランドとポルトガルの財務状況が悪化しているとの懸 念も悪材料。S&P500種の月間の上昇率はこのままいけば9月と しては過去71年で最高となる。

M&Tは7.1%安。事情に詳しい関係者によると、M&Tはサ ンタンデール銀行の米国部門との合併に向けた交渉を打ち切った。ダ ウ工業株30種平均の構成銘柄ではバンク・オブ・アメリカ(BOA) とトラベラーズの下げが目立った。

一方、米日用品メーカーのアルバート・カルバーは20%上昇。 英・オランダ系の同業ユニリーバが37億ドルで買収することで合意 した。米格安航空会社エアトラン・ホールディングスは61%高。業 界最大手の米サウスウエスト航空が約14億ドルで買収することで合 意したことが背景。

S&P500種株価指数は前週末比0.6%安の1142.16。月初 からは8.9%高と、9月としては1939年以来で最大となっている。 ダウ工業株30種平均は48.22ドル(0.4%)下落の10812.04 ドル。

スタイフェル・ニコラウスの運用担当者、チャド・モーガンラン ダー氏は、「世界の銀行セクターをめぐる懸念は続いており、市場関 係者の背筋をぞっとさせている」と指摘。「市場では9月としては 1930年代以降で最高となっている米国株のパフォーマンスを消化し つつ、財政投入による景気刺激なしで成長が持続するかどうかという 全般的な懸念が今後数カ月の主な材料となるだろう」と述べた。

4週連続上昇

米国株は週間ベースで4週連続高。資本財やハイテク製品、消費 関連商品への需要が改善している兆候が表れ、景気減速懸念が弱まっ た。S&P500種の9月のパフォーマンスは1928年以降で平均

1.2%安と、月ごとでは最悪。

アイルランドとポルトガルの資金調達力が弱まっているとの見方 からドイツ国債に対する両国債の上乗せ利回りが終値ベースで過去最 大を記録。アイルランド10年債の上乗せ利回りは4.30ポイント、 ポルトガルは4.15ポイントとなった。

アングロ・アイリッシュ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、アイ ルランド政府が国有化したアングロ・アイリッシュ銀行の優先債格付 けを「Baa3」と、従来の「A3」から引き下げた。Baa3は投 資適格級の最低。

S&P500種は前週2.1%上昇。ミラー・タバクの株式ストラ テジスト、ピーター・ブックバー氏は「前週の大幅な上昇を受け、市 場は一服状態だ」と発言。「朝方のアングロ・アイリッシュの格下げ で欧州市場での買いが止まったことが一因だ。欧州国債相場は特にア イルランドとポルトガルがかんばしくない」と語った。

S&P500種の金融株指数は1.2%下落。BOAやトラベラー ズのほか、JPモルガン・チェースも下げた。

エアトランは61%高の7.34ドルで終了。サウスウェストも

8.7%上げた。NYSE Arca航空株指数は2.8%上昇し、 2007年11月以来の高水準。

◎米国債:上昇、2年債入札が好調-米追加緩和観測も追い風

米国債相場は上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)が国債購入 を増やすとの観測が強まるなか、米財務省が実施した360億ドルの 2年債入札で応札倍率が2007年8月以来の最高水準となったこと が背景。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがアイル ランドのアングロ・アイリッシュ銀行の優先債格付けを引き下げたこ とから、安全資産の需要が膨らみ、米国債は朝方から堅調に推移して いた。この日の米2年債入札で最高落札利回りは0.441%と、米政 府が四半期ベースで同年債の入札を開始した1974年9月以来の最 低水準となった。財務省は28日に5年債を350億ドル入札する。

プライマリーディーラーの一角であるロイヤル・バンク・オブ・ カナダの米国債トレーディング責任者、トーマス・トゥッチ氏は、 「国債市場は量的緩和第2弾が近づいているという事実を受け入れ始 めている」と指摘。「欧州の銀行がどの程度の国債保有リスクを抱え ているのか、銀行システムに対する神経質な見方が広がっている。こ れが質への逃避としての米国債買いを引き続き促すことになろう」と 述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時36分現在、10年債利回りは前営業日比8ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)低下の2.53%。同年債(表面利率

2.625%、2020年8月償還)価格は23/32上げて100 27/32。

既発の2年債利回りは2bp低下の0.42%。22日には過去最 低の0.41%を付けていた。30年債利回りは10bp低下の3.70%。 1カ月物Tビル(財務省短期証券)の金利は0.0649%と、6月29 日以来の最低となった。

入札の需要

この日の2年債入札で、投資家の需要を測る指標の応札倍率は

3.78倍と、約3年ぶりの高水準となった。最高落札利回りは、ブル ームバーグがプライマリーディーラー6社を対象に実施した入札直前 の予想の0.446%を下回った。

落札全体に占める、海外の中央銀行を含む間接入札の割合は 39%。前回8月24日の入札では29.2%だった。

プライマリーディーラー以外の直接入札の割合は10.8%。8月 の前回入札では12.1%、過去10回の入札の平均は14.1%。

この日の2年債入札の規模は08年11月以来の最小だった。財 務省は29日には7年債を290億ドル発行する。今週実施される3 回の入札の発行総額は1000億ドル。

国債市場に「明るい材料」

ウンダーリッヒ・セキュリティーズのマネジングディレクターで 米国債トレーディング責任者のマイケル・フランゼーズ氏は、「国債 市場には明るい材料が多い」と指摘。「大量の手元資金が眠っている ほか、景気見通しは不透明だ。債券に買いを入れるには絶好の環境だ」 と述べた。

FRBは21日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)会合 後の声明で、「委員会は今後も経済見通しと金融の動向を見守り、景 気回復を支援し時間をかけてインフレを責務と一致する水準に戻すた め、必要に応じて緩和措置を追加する用意がある」と表明した。

ドミニク・コンスタム、ムスタファ・チャウデュリー両氏(ニュ ーヨーク在勤)を含むドイツ銀行のアナリストチームは、24日付顧 客向けリポートで、国債相場は約3150億-6700億ドル規模の量 的緩和をすでに織り込んでいると指摘した。

◎NY金:4営業日続伸、通貨価値低下で-12月限1298.60ドル

ニューヨーク金先物相場は4営業日続伸。通貨価値の低下で代替 投資としての貴金属買いが進むとの観測が広がった。

外国為替市場ではユーロが対ドルで5カ月ぶり高値から下落。欧 州の一部の銀行で資本基準を満たせないとの懸念が再燃した。ドルは 先週、主要通貨のバスケットに対して2.5%下落。中央銀行や国際 通貨基金(IMF)が過去1年間に売却した金は、金売却制限に関す る合意が始まった1999年以降で最低水準となった。産金業界団体 ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のデータで明らかになっ た。

ザブリオンデスク・ドット・コムのアナリスト、ジェームズ・ム ーア氏(ロンドン在勤)は、「通貨は実際、価値を下げている」と指 摘。「アジアの中央銀行が金属を買い入れており、これが投資家のセ ンチメントを押し上げたのは確かだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前営業日比50セント高の1オンス=1298.60ドル で終了した。過去最高値は24日に付けた同1301.60ドル。

ロンドン金属取引所(LME)の金現物はこの日、過去最高値の

1300.15ドルを付けた。

◎NY原油:ほぼ変わらず、1.3%安から戻す-76.52ドル

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変わらず。株価が朝安から値を 戻し、ドルが対ユーロでもみ合うなか、下げ幅を埋める展開となった。

株式市場ではS&P500種株価指数が4カ月ぶり高値から下げ、 これに伴い原油は一時、1.3%安まで売り込まれた。欧州の銀行の資 本水準に対する懸念でユーロ圏の資産が買い控えられ、ドルは対ユー ロでしっかりとなった。

リンド・ウォルドック(シカゴ)の市場担当ストラテジスト、リ チャード・イルチスジン氏は、「株価が下げを埋めたため、原油も前 営業日比変わらずの水準に戻した」と述べた。「今の原油価格は通貨 と株価に敏感に反応する」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 営業日比3セント(0.04%)高の1バレル=76.52ドルで終了し た。この日のレンジは75.52-77.17ドル。

◎欧州株:下落、高値警戒感で-アクテリオンやヴェスタスが安い

欧州株式相場は下落。過去5営業日で4度目の下げとなった。景 気見通しと比較した場合、今月の相場上昇は行き過ぎているとの見方 から売りが膨らんだ。

スイスの製薬会社、アクテリオンが急落。クモ膜下出血患者に対 する同社の治療薬「クラゾセンタン」が臨床試験で主な有効性を満た さなかったことを明らかにした。風力発電タービンで最大手、デンマ ークのヴェスタス・ウインド・システムズも安い。フィナンシャル・ タイムズ・ドイツ版(FTD)が、ドイツ政府がエネルギー計画を縮 小し、一部プログラムに対する補助金を廃止したと報じたことが嫌気 された。

一方、日用品最大手の英蘭系ユニリーバは高い。アルバート・カ ルバーを37億ドルで買収合意したことが買いを誘った。

ストックス欧州600指数は前週末比0.4%安の262.92。一時 は0.5%高となる場面もあった。同指数は月初来では4.6%高、7 月以降では8.1%上げている。

JPモルガン・アセット・マネジメント(ロンドン)のストラテ ジスト、デービッド・シャープ氏は27日付リポートで、「悪い経済 統計や業績データ、あるいは量的緩和の先延ばしという形で失望させ られるのは不可避だろう」と記述し、「これは短期的にリスク選好が 若干後退することを恐らく示唆している」と指摘した。

27日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が低 下した。米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授はこの日、米 国がリセッション(景気後退)に逆戻りする確率は高く、日本は「沈 滞」するとの見通しを示し、世界経済の回復に対するリスクを強調。 米国と欧州が低成長に陥れば中国経済への逆風が強まるとの見解を示 した。

アクテリオンは8%下げ、ヴェスタスは3.8%下落した。一方、 ユニリーバは1.3%高となった。

◎欧州債:ドイツ国債が上昇-銀行資金問題と周縁国の債務を警戒

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇。欧州の銀行が追加資本を 必要とする可能性があるとの見方や、ユーロ圏の一部諸国が赤字穴埋 めに向けた資金調達で苦心するとの懸念が深まり、域内で最も安全と されるドイツ国債に対する需要が増加した。

月末のベンチマーク変更に対応したポジション調整でドイツ国債 が買われるとの観測も、ドイツ国債相場の上昇要因だった。欧州連合 (EU)の行政執行機関、欧州委員会が、複数のドイツの州立銀行の 存続の可能性に疑念を抱いているとの独誌シュピーゲルの報道も材料 視された。また、アイルランド政府は週内にアングロ・アイリッシュ 銀行の救済コストを公表する予定。

ベルギー政府が27日実施した国債23億ユーロ(約2610億円) の入札を受け、ベルギー国債のドイツ国債に対する上乗せ利回りは縮 小した。

BNPパリバ(ロンドン)のシニア債券ストラテジスト、パトリ ック・ジャック氏は、「周縁国の債務に対する懸念が依然あり、これ が主要国国債への支援要因となる公算が大きい」と述べた。また、ユ ーロ圏では月末のベンチマーク変更を控えた調整が見られ、「これも 追加的な支援要因となっている」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時12分現在、独10年債利回りは前週末比 7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.28%。同 国債(表面利率2.25%、2020年9月償還)価格は0.58ポイント 上げ99.72。2年債利回りは1bp低下の0.72%。両国債のスプ レッド(利回り格差)は5bp縮小し156bpと、終値ベースとし ては先月31日以降の最小となった。

過去最大のスプレッド

アイルランド10年債の同年限のドイツ国債に対する上乗せ利回 りは過去最大となったほか、ポルトガル国債のスプレッドも拡大した。 政治的反発と景気回復のペース鈍化で財政赤字抑制への取り組みに影 響が及ぶとの懸念から、周縁国債よりもドイツ国債を選好する動きが 強まった。

◎英国債:上昇、10年債2.97%-住宅価格下落で資産購入観測

英国債相場は上昇。この日発表された9月の英住宅価格が過去1 年半で最大の下落率となったことを背景に、イングランド銀行(英中 央銀行)が資産買い取りを再開するとの観測が高まった。

9日開催された金融政策委員会(MPC)会合で、追加刺激策が 必要になるとの見方を一部メンバーが示したことが議事録で明らかに なり、量的緩和の再開観測から先週の10年債利回りは週間ベースで 低下した。ただ、23日にはここ1カ月で最大の上げとなる場面もあ った。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の金利ストラテジスト、アンディー・チェイター氏は、「弱い経済デ ータは単に弱いと訳ではなく、量的緩和の確率が高まったことも意味 する」と述べ、「不透明感の高いこうした局面は継続する公算が大き い」と付け加えた。

ロンドン時間午後3時43分現在、10年債利回りは前週末比8 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.97%。同国 債(表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は0.665ポイント 上げ114.545。2年債利回りは5bp下げ0.65%。

英調査会社ホームトラックが27日発表した9月の住宅平均価格 は前月比0.4%低下し15万7600ポンド(約2100万円)となっ た。3カ月連続の値下がりで、下落率は昨年3月以来最大。住宅需要 は昨年1月以降で最も落ち込んだ。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro, Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net