中国:米国産鶏肉製品に反ダンピング関税-最高税率105.4%

中国商務省は26日、米国産鶏 肉製品に27日から最高105.4%の反ダンピング(不当廉売)関税 を適用すると発表した。

商務省によると、中国は国内市場で米国産鶏肉製品のダンピ ングが行われたと判断した。調査に協力した米国の鶏肉業者に対する 税率は50.3-53.4%、調査に協力しなかった業者は105.4%となる。

商務省は北京で、「米国産鶏肉製品のダンピングと中国の業界が被 った損失との間にある因果関係を最終的に認定した」と説明した。

同省によると、米鶏肉加工のピルグリムズ・プライドの製品に対 する反ダンピング関税は53.4%、タイソン・フーズは50.3%となる。

--Feiwen Rong. Editors: Paul Tighe, Jim McDonald

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Feiwen Rong in Beijing at +86-10-6649-7563 or frong2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Tighe at +61-2-9777-8626 or ptighe@bloomberg.net