外務省:中国の謝罪・賠償要求「何ら根拠がない」-尖閣は固有の領土

外務省は25日午後、沖縄県・尖閣 諸島沖での海上保安庁巡視船と中国漁船の接触事件について、佐藤悟 外務報道官名の談話を発表した。尖閣諸島は疑いもなく「我が国固有 の領土」であり、今回の公務執行妨害事件をめぐる中国側の謝罪・賠 償要求は「何ら根拠がなく、まったく受け入れられない」との見解を 示した。

海上保安庁は8日未明、巡視船に衝突した中国漁船の船長を公務 執行妨害の疑いで逮捕、その後那覇地検に送致した。同地検は24日、 船長を処分保留のまま釈放することを決定した。

外務報道官談話は、①尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴 史的にも国際法上も疑いがない。現に有効に支配している。尖閣諸島 をめぐり、解決すべき領有権の問題は存在しない②今回の接触事件は 中国漁船による公務執行妨害事件として、日本の法令に基づき厳正か つ粛々と対応したもので、謝罪や賠償といった中国側の要求は何ら根 拠がなく、まったく受け入れられない-と強調した。

その上で、③日中関係の安定的な発展は日中両国のみならず、地域 および国際社会にとっても極めて重要だ。日中双方は大局的な立場に 立って、引き続き戦略的互恵関係の充実を図っていくことが重要だ、 とも指摘した。