FRB議長:ドッド・フランク法で金融危機のリスク軽減へ

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の制定と 監督当局による法律の執行により新たな金融危機のリスクが軽減され るはずだ、と述べた。また、危機の際の資産バブルや市場の流動性な どについて調査を進めるよう求めた。

バーナンキ議長は24日、プリンストン大学で経済学者らを前に講 演し、「法律で規定されたり、当局が単独で講じる多くの措置によっ て、金融システムはショックへの対応力が強まるだろう」と述べた。 ただ、規制で「金融危機が再発しないことが保証されるわけでは決し てない」と指摘した。

同議長は、金融機関の資本・流動性規制の厳格化とともに、より 多くのデリバティブ(金融派生商品)が「標準化され、相対ではなく 取引所で取引される」ことを義務付ける規則に言及した。

また、当局と企業がともにリスク管理を強化し、監督方法を改善 し、財務についてより厳しい基準を採用することで「危機に陥るリス クは低減し、危機に陥った場合もその影響が緩和される」はずだと強 調した。

金融政策については講演で言及しなかった。

米経済に関しては、「金融市場は現時点で大半が正常に機能して いるが、協調した政策の取り組みは今のところ、高い失業率を大きく 低下させるほど十分力強い景気回復を実現していない」と述べた。

議長さらに、FRB当局者がシステミックリスクへのアプローチ を改善してきたと言明。その上で、極めて不透明感が強い時期に投資 家や雇用主、消費者がどう行動するかに関するより良いモデルを導入 するようエコノミストに求めた。資産バブルの開始と終了の仕方や危 機によって流動性がどう損われるかについても一段の調査が必要だと の認識を示した。