NY金(24日):最高値更新、一時1300ドル突破-銀30年ぶり高値

ニューヨーク金先物相場は続伸。 一時は1オンス=1300ドルを上抜き、過去最高値を更新した。ドル 安で代替資産としての貴金属に買いが入り、銀も上昇。1980年以来 の高値を付けた。

金は年初来で18%高、銀は同27%の値上がり。世界の株式や米 国債、大半の工業用金属より高いパフォーマンスとなっている。この 日のドルは主要6通貨のバスケットに対して昨年2月以来の水準に下 げた。

マッコーリー・グループのヘッジファンド営業担当ディレクター、 マイケル・グイド氏(ニューヨーク在勤)は、「金にはまだまだ上昇 余地がある」と語る。「金利上昇を心配する必要はない。ドルは再び 守りに回っている。銀は特に記録を更新していないので、今後は価格 の上昇加速が見込まれる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前日比1.80ドル(0.1%)高の1オンス=1298.10 ドルで終了した。一時は1301.60ドルまで上昇し、過去最高値を付 けた。

銀先物12月限は前日比18.6セント(0.9%)高の1オンス=

21.399ドル。一時は1980年10月以来の高値となる同21.48ド ルまで買い進まれた。