香港株(終了):上昇、ハンセン指数4週連続高-PCCWに買い

香港株式相場は上昇。週間ではハ ンセン指数が4週連続の値上がりとなった。米ナイキの靴を受託生産 する裕元工業や香港最大の電話会社PCCWなどが買われた。

裕元工業(551 HK)は1.6%高。スポーツシューズメーカー世界 最大手、米ナイキの好決算が材料となった。PCCW(8 HK)は3.7% 高。傘下企業の上場を計画していると香港紙、星島日報が報じた。取 引初日の美顔パック製造、美即控股(1633 HK)は37%高と人気を集 めた。

富昌証券のゼネラルマネジャー、藺常念氏(香港在勤)は、「企業 利益が大きな支援材料となって、10-12月(第4四半期)も相場上昇 が続くだろう」と述べた。

ハンセン指数は前営業日比71.72ポイント(0.3%)高の22119.43。 祝日のため通常より取引日数の少なかった今週は、週間では0.7%高 で4週連続の値上がり。ハンセン中国企業株(H株)指数は前営業日 比0.2%高の12218.60で終えた。

英銀HSBCホールディングス(5 HK)は0.6%安。同行の最高 経営責任者(CEO)が退任すると、事情に詳しい関係者1人が明ら かにした。レノボ・グループ (聯想集団、992 HK)は1.5%安。中国 のパソコン市場の成長ペースが、一定の力強い伸びを示した後で「大 幅」に低下したとの認識を示した。