独Ifoのネルプ氏:ドイツ景気への国内需要の寄与度が高まっている

ドイツのIfo経済研究所のエ コノミスト、ゲルノート・ネルプ氏は、同国の景気拡大への国内需要 の寄与度が高まっているとの認識を示した。

ネルプ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「消費者は現在、支出を増やしつつあるようだ。製造業は輸出だけで なく国内需要に基づき増産している。前向きな兆候だ」と語った。

さらに、輸出見通しは「以前ほどではないものの、まだプラス要 因だ」と述べ、「経済環境は極めて堅調だ」と説明した。

Ifoが24日発表した9月のドイツ景況感指数は106.8と、 前月の106.7から上昇し、ほぼ3年ぶりの高水準を記録した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Vits in Frankfurt at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE