【香港・注目株】微創医療、暢豊車橋、美即控股、HSBC、レノボ

香港株式市場の主な注目銘柄は以 下の通り。株価と株価指数は22日の終値。23日は祝日のため休場だ った。ハンセン指数は0.2%高の22047.71。ハンセン中国企業株(H 株)指数はほぼ変わらずの12196.00。

24日に取引開始となる銘柄:医療用器具を製造する微創医療 (853 HK)。同社の発表資料によると、新規株式公開(IPO)によ り市場から集めた資金は純額で14億3000万香港ドル(約156億円) となった。同様に7億5300万香港ドルを集めた自動車部品メーカー の暢豊車橋(1039 HK)、6億800万香港ドルを集めた美顔パックの 美即控股(1633 HK)も取引初日を迎える。

HSBCホールディングス(5 HK):欧州最大の銀行、英HSB Cホールディングスのマイケル・ゲーガン最高経営責任者(CEO) が年末に退任することが分かった。この件について説明を受けた関係 者1人が明らかにしたもので、投資銀行部門責任者のスチュアート・ ガリバー氏が後任になるという。同関係者は人事が公表されていない ことを理由に匿名を条件に語った。株価は0.5%安の81.10香港ドル。

レノボ・グループ(聯想集団、992 HK):パソコン(PC)メー カー中国最大手、レノボ・グループは、中国PC市場の成長ペースに ついて、一定の力強い伸びを示した後で「大幅に」低下したとの認識 を明らかにした。株価は1.2%安の4.81香港ドル。