レアアース思惑でアルコニク株は急騰、中国の対日禁輸報道

非鉄金属商社のアルコニックス株 が一時、前日比11%高の1730円と急騰。約4カ月ぶりの高値を付け た。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)電子版が22日、中国政府が 日本向けのレアアース(希土類)の輸出を全面禁止したと報道。需給 ひっ迫観測から希少金属(レアメタル)の輸入などを手掛ける同社株 に思惑含みの買いが集まった。

NYTの報道を受け、中国商務省の陳栄凱報道官は23日、ブルー ムバーグ・ニュースの電話インタビューに対し、「中国はレアアースの 日本向け輸出について禁輸措置を取っていない」と否定。日本側も、 仙谷由人官房長官が24日朝、「事実関係をできるだけ早く確認したい」 と述べた。

非鉄業界に詳しいコスモ証券投資調査部の岩崎彰シニアアナリス トは、「レアアースでもうけを出している日本企業はほとんどない。レ アメタルとレアアースは異なる」と冷静な見方を示した上で、あえて レアアース関連銘柄を挙げるとすれば、「話題先行だが、ベトナムでレ アアースのリサイクル工場を建設中の中央電気工業になるのでは」と 話している。

中央電は、自動車やエレクトロニクス産業で使用されるネオジム 磁石の原料をリサイクルするためにベトナム・バクニン省にレアアー スリサイクル工場を設置、2011年春の本格生産を目指している。ネオ ジム磁石の製造過程で発生するスクラップをリサイクルしてネオジム メタルやジスプロシウムメタルなどを生産する計画で、当面の年産能 力は200トン。中央電株は一時2.9%安の511円と軟調な動き。

一方、国内で貴金属リサイクル事業を手掛ける松田産業やアサヒ ホールディングスにも短期資金が流入。松田産は一時8.4%高の1463 円と急騰し、2カ月ぶり高値を付けたほか、アサヒHDは同3.8%高 の1840円まで買われた。

また、第一稀元素化学工業株は一時6.1%安の2460円と大幅続落 している。自動車排ガス浄化触媒の原料として使われるセリウムの輸 入販売を手掛けており、仮に禁輸となれば収益への悪影響が及ぶと警 戒された格好。ノリタケカンパニーリミテド傘下でセラミックや電子 部材原料を手掛け、中国から希土類の輸入を行っている共立マテリア ルも、小口の売りで一時5.3%安の320円と反落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE