中国当局:フジタ社員4人取り調べ、河北省に事業で出張中

中国河北省で建設会社フジタの社 員4人が同国当局の取り調べを受けている。仙谷由人官房長官が午前の 記者会見で確認した。中国国営の新華社通信によると、軍事管理区域を 無断で撮影したなどとみなされている。

新華社通信は中国当局が「たかはし・さだむ」という人物などを調 べていると報じており、フジタの小野寺喜彰広報室長は同姓同名の社員 が出張者の中にいることを明らかにしていた。今回の出張は、日本政府 が遺棄化学兵器関連事業で今後処理施設を作ることになった場合に対応 が可能かどうかの調査で、軍事関係でないとしている。

新華社通信は、軍施設を撮影した外国人観光客などを当局が取り調 べていると報道していた。これに対してNHKは、こうした報道自体も 極めて異例で尖閣諸島での漁船衝突事件で中国人船長のこう留が続いて いることへの対抗措置では、との見方が出ていると伝えた。

訪米中の菅直人首相は、中国で日本人が取り調べを受けている問題 で、漁船衝突の問題と関係しているかはっきりしていないと事実関係の 確認を急ぐ考えを示した、と共同通信は報じた。

--取材協力 東京 駅義則,Sachiko Sakamaki

Editors: Eijiro Ueno, Kenzo Taniai 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小笹俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624 sozasa@bloomberg.net

駅義則 Yoshinori Eki

+813-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE