資源エネ庁:中国が「白樺」掘削の可能性高い、東シナ海ガス田-日経

資源エネルギー庁の平井裕秀石油・ 天然ガス課長は24日の自民党外交部会で、東シナ海のガス田「白樺」 (中国名・春暁)について、「大きな変化はないが、掘削された可能性 が高いと見ている」と明言し、中国が単独で掘削に踏み切った可能性が 高いとの認識を明らかにしたと報じた。

報道によると、外務省アジア大洋州局の石兼公博参事官は「単独掘 削の事実は確認はしていないが、中国には新たなことはするなと直近に 申し入れている」と語ったという。