ルービニ教授:景気後退期に失われた米雇用の多くは永遠に戻らない

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授はリセッション(景気後退)期に失われた米国の雇用の多く は永遠に戻らないとの認識を明らかにした。同教授は23日、ブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで、一部の雇用は海外に流出し、よ り少ない従業員でより多くの商品とサービスを生み出すことを学んだ企 業もあると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net