ブラジル株:続伸、失業率低下や融資拡大を好感-ペトロブラス高い

23日のブラジル株式相場は続伸。 年初来の下げを解消した。融資増や雇用創出で消費需要の拡大が維持 されるとの見方が広がった。ブラジル石油公社(ペトロブラス) が急 上昇した。

ブラジル最大の上場衣料小売り企業ロジャス・レナーや住宅建設 のロッシ・レジデンシアルが高い。融資の拡大や失業率が過去最低水 準に低下したことが好感された。ペトロブラスは780億ドル(約6兆 6000億円)相当の株式発行に対する十分な需要が確保されるとの見方 から約3週間ぶりの大幅高。発行価格はこの日公表される。

マクシマ・アセット・マネジメント(リオデジャネイロ)の運用 担当者、フェリピ・カソチ氏は「ペトロブラス株に対する需要が力強 いとの観測が出ているに違いない」と述べ、「昨日発表された融資の実 績が堅調で、デフォルト(債務不履行)も減少したため、住宅建設関 連株が押し上げられている」と指摘した。

ボベスパ指数は前日比0.7%高の68794.32と、年初来の騰落率は

0.3%のプラスに転じた。BM&Fボベスパ小型株指数はほぼ横ばいの

1335.07。通貨レアルは0.3%安の1ドル=1.7228レアル。