米GM:IPO規模80億-100億ドルに縮小か-関係者

米自動車大手のゼネラル・モー ターズ(GM)は11月に新規株式公開(IPO)を実施し、80億- 100億ドル(約6748億-8435億円)の資金調達を目指すもようだ。 これは当初の同社目標額を下回っている。事情に詳しい関係者2人が 明らかにした。

交渉が非公開だとして匿名を条件に語った関係者によると、GM の61%を保有する米財務省は、IPOでより多くの株式を売却するよ りも、売り出し規模を抑えて株価の上昇を誘い、同社に注入した495 億ドルを最終的に回収したい意向だ。

IPOの規模を拡大して株価が下落した場合、財務省が今後売却 する持ち株の価格が上昇するのは困難になると同関係者は指摘する。 IPO計画に詳しい関係者が8月に語ったところによると、GMと投 資銀行が当初想定していた規模は最大160億ドルだった。

コンサルティング会社(ニュージャージー州)オートトレンズの プリンシパル、ジョー・フィリッピ氏は、「彼らは一段と冷静になっ た」と述べ、「本当の問題はIPO価格だ。市場関係者は市場や世界 経済に対して疑問を抱いている」と指摘した。