ブラジル株:ボベスパ指数、7週間ぶり高値-住宅建設株が高い

22日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が7週間ぶり高値に上昇した。与信の伸びや消費者 信頼感の高まりを背景に不動産株の見通しが改善したほか、商品相場 の上昇で資源関連株も買われた。

ブラジルの消費者信頼感指数が7カ月連続で上昇したことや8月 の銀行融資がこの1年で最大の伸びになったことを受け、住宅建設株 が買われた。MRVエンジェニャリア・エ・パルチシパソンエスが上 場来高値を付けた。ブラジル石油公社(ペトロブラス)による780億 ドル(約6兆6000億円)規模の株式発行を前に、中南米最大の取引所 を運営するBM&Fボベスパも上場来高値となった。

ボベスパ指数は前日比0.9%高の68325.18と、8月5日以来の高 値となった。同指数構成銘柄のうち値上がりは48銘柄、値下がりは 19銘柄。通貨レアルは0.5%安の1ドル=1.7188レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE