NY金(22日):5日連続で最高値更新、追加緩和示唆とドル安で

ニューヨーク金先物相場は上 昇。一時はオンス当たり1298ドルまで上げ、過去最高値を更新 した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日に追加緩和の用 意があると表明したことが引き続きドル売りにつながり、金買い が膨らんだ。

金の最高値更新は5日連続。ドルは主要通貨のバスケットに 対して6カ月ぶりの安値をつけた。FOMCは21日、現在2兆ド ル前後のバランスシートを早ければ11月にも拡大させる可能性 があることを示唆した。

ゴールド・アロー・キャピタル・マネジメントのパートナー、 ヘイスベルト・フルーネウェーゲン氏は「量的緩和は自国通貨の 下落につながるとの見方が強まり始めている。そのため、資金が 金や銀に移行している」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物相場12月限は前日比17.80ドル(1.4%)高の1オンス=

1292.10ドルで終了した。年初からは18%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE