9月22日の欧州マーケットサマリー:株が大幅続落、国債は上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3364 1.3264 ドル/円 84.42 85.09 ユーロ/円 112.82 112.87

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 261.19 -3.82 -1.4% 英FT100 5,551.91 -24.28 -.4% 独DAX 6,208.33 -67.65 -1.1% 仏CAC40 3,735.05 -49.35 -1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .75% -.05 独国債10年物 2.35% -.10 英国債10年物 2.97% -.15

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,293.50 +18.50 +1.43% 原油 北海ブレント 77.78 -.64 -.82%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は続落し、約1カ月ぶりの大幅安となった。主要国 の中央銀行が追加緩和を必要とする景気悪化を示唆したため、悲観的 な見方が広がった。

スペインのサンタンデール銀行は2.9%下げた。クレディ・ スイス・グループが同銘柄の投資判断を引き下げたことが嫌気さ れた。ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは1.7%安。ダイム ラーがイタリアのフィアットのトラック・トラクター部門に対し て買収を「打診」したとのイタリア紙レプブリカの報道が売りに つながった。

一方、英たばこメーカー、インペリアル・タバコ・グループ は高い。同社が今年度のたばこ部門の純利益が増加するとの見通 しを示したことが買いを誘った。

ストックス欧州600指数は前日比1.4%安の261.19。同指 数は4月に付けた年初来最高値からは4%下げている。

ウニクレディト・リサーチのシニア株式ストラテジスト、タ モ・グリートフェルド氏(ミュンヘン在勤)は「FRBが景気減 速への対応でどれほどの追加措置を必要としているかが懸念され ている」と述べ、「今後数カ月の景気先行指数がまったく改善しな いとの見方から、われわれは株式に対する慎重な姿勢を維持して いる」と語った。

さらに「2011年にかけて欧州諸国の財政を圧迫しかねない政 治的なリスクがまだ残されており、株式相場を圧迫するだろう」 と続けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が前日の連邦公開市場委員 会(FOMC)後の声明で、「必要なら追加金融緩和の用意がある」 と、新たな景気浮揚策実施を示唆した。イングランド銀行(英中 央銀行)がこの日発表した金融政策委員会(MPC)の議事録で、 政策担当者らが景気刺激に向けた追加刺激策実施に近づいたこと が明らかになった。

サンタンデール銀の終値は9.46ユーロ。クレディ・スイス は同行に対する投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュート ラル」に下方修正した。44.85ユーロで終了したダイムラーを中 心に自動車株も総じて下げた。

◎欧州債券市場

欧州債相場は上昇。ドイツ10年債利回りはここ1カ月で最大の 下げとなった。米景気減速で世界経済の回復が損なわれるとの観測か ら、域内で最も安全とされるドイツ国債に対する需要が高まった。

独30年債利回りは1週間ぶりに3%を割り込んだ。連邦公開市 場委員会(FOMC)は21日の声明で、インフレ率を適正水準に押 し上げ、景気を浮揚させるために、必要に応じて追加金融緩和を実施 する用意があると表明した。

この日のポルトガル国債相場はドイツ国債を上回る伸びとなった 結果、ポルトガル国債とドイツ国債のスプレッド(利回り格差)は縮 小した。ポルトガルが2014、20年償還の国債を計7億5000万ユー ロ(約850億円)入札したことが手掛かり。

DZバンクの債券ストラテジスト、グレン・マルシ氏(フランク フルト在勤)は、「米経済の力が低下し、一段の量的緩和が必要とな れば、輸出を基盤としているドイツ経済にとっては悪材料となるだろ う」と発言。ただ、「大幅赤字と重債務を抱える諸国の問題が景気減 速で悪化するとの懸念から、質への逃避の動きも多少あった」と続け た。

独10年債利回りは一時、前日比12ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.34%と、先月24日以降で最大の下げと なった。ロンドン時間午後3時半現在は2.36%。同国債(表面利率

2.25%、2020年9月償還)価格は0.77ポイント上げ99.01。独 30年債利回りは8bp下げ2.97%となった。

ポルトガル10年債相場は入札後に上昇。調達額は目標としてい た7億5000万ユーロから10億ユーロのレンジの下限だった。同利 回りは16bp下げ6.17%。独10年債とのスプレッドは9bp縮小 し376bpとなった。

◎英国債市場

英国債相場は大幅上昇した。米公開市場委員会(FOMC)が21 日に景気てこ入れに向け追加緩和策を講じる用意があると表明したの を受け、イングランド銀行(英中央銀行)も金融政策を一段と緩和す るとの観測が高まった。

10年債利回りは一時、1年余りで最大の下げとなった。英中銀 がこの日発表した今月の金融政策委員会(MPC)の議事録によると、 MPCは政策金利を維持することを8対1で決定。一部メンバーは景 気刺激策の拡大の可能性が高まったとの見方を示した。

英国最大の経営者団体、英産業連盟(CBI)は同日、2011年 の成長率予測を下方修正し、中銀の利上げは来年4-6月(第2四半 期)以降になるとの見通しを示した。

ドイツ銀行(ロンドン)の債券ストラテジスト、モヒト・クマー ル氏は、「イングランド銀とFRBの政策姿勢の関連性はこれまで緊 密だったことから、両行が量的緩和を拡大するかどうかをめぐる推測 が高まっている」と語った。

ロンドン時間午後5時26分現在、10年債利回りは前日比14ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.98%。一時は 17bp低下し、2009年8月以降で最大の下げを記録した。同国債 (表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は1.25ポイント上げ

114.53。2年債利回りは前日比6bp下げ0.65%

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net