ロシア経済:干ばつの影響で8月は小幅マイナス、農業生産が落ち込む

ロシア経済は8月に季節調整後 で前月比0.4%縮小した。記録的な干ばつで農業生産が落ち込んだ ことが響いた。ロシア経済発展省が22日にウェブサイトで発表した。

同省によると、農業が全体の落ち込みの約60%に相当した。運 輸業も「力が落ちている」という。設備投資と建設は「プラス要因」 の一部だった。

ロシアの国内総生産(GDP)は8月に前年同月比で年率

2.4%増加し、1-8月期では前年同期比3.7%拡大した。ナビウリ ナ経済発展相が17日にソチで記者団に対して明かした数値と一致し た。政府見通しでは、2010年の経済成長率は4%と見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE