米住宅価格指数:前年比3.3%低下、差し押さえ増で

米住宅価格指数は7月に前年 同月比3.3%低下し、連続8カ月目のマイナスとなった。差し押 さえ物件が市場にあふれていることが背景にある。

米連邦住宅金融局(FHFA)が22日発表した7月の住宅価 格指数(季節調整済み)は前月比では0.5%低下した。ブルーム バーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.2%低下だった。

ローラー・ハウジング・アンド・エコノミック・コンサルテ ィングの創設者、トーマス・ローラー社長は「売りに出している 住宅は数多くあり、その大半は差し押さえ物件だ」と指摘。「これ が住宅価格への下押し圧力になっている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE