8月の鉄鋼生産:ロシア5位に後退、インドに抜かれる-世界鉄鋼協会

ロシアが鉄鋼生産でインドに次ぐ 5位に順位を落としたことが、世界鉄鋼協会の調査で分かった。

同協会がウェブサイトに掲載した資料によれば、ロシアの8月の 生産量は560万トン。インドは570万トンだった。上位3位は、中国 と日本、米国が占める。

この資料によれば、ロシアの1-8月累計の生産量は前年同期比 15%増の4390万トン。米国は同56%増の5450万トン。インドは同

8.3%増の4460万トンとなった。

1-8月の世界全体の生産量は9億3200万トンで、前年同期比 22%増加したとしている。