香港株(終了):ハンセン指数、4日続伸-不動産株が上げ主導

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数が4営業日続伸となった。景気回復で資産価格が押し上げられると の楽観的な見方を背景に、不動産株が上げをけん引した。

ハンセン不動産株指数の構成銘柄中、今年最もパフォーマンスが 悪いヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK) が2.6%高。チョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK) は2.1%高。サイノ・ランド(信和置業、83 HK)も2%高だった。

プラスチック射出成型機メーカーの海天国際控股(ハイティエ ン・インターナショナル・ホールディングス、1882 HK)は11%高。 クレディ・スイス・グループが同銘柄を新規に投資判断の対象とし、 「アウトパフォーム」としたことが材料。

一方でチャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は3.3%安。ド イツ銀行が投資判断を「売り」に引き下げたことが嫌気された。

シンダ・インターナショナル・ホールディングスの調査ディレク ター、キャスター・パン氏(香港在勤)は、「人々は景気がそれほど悪 くないと気付き始めると、景気の勢いに着目し始め、資産価格の上昇 を予想するようになる」と述べた。同氏は、不動産開発株の中ではサ ンフンカイ・プロパティーズ (新鴻基地産発展)とチョンコンを選好 している。

ハンセン指数は前日比45.12ポイント(0.2%)高の22047.71。 この日まで4営業日の上昇率は1.6%となった。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比2.69ポイント高の12196.00で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE