冬の気温は平年並みか高め、降雪は平年並み-気象庁の寒候期予報

気象庁が22日発表した寒候期予報 (12-2月)によると、今冬の気温は平年並み、または高めとなる見 込み。北日本で高めとなる一方で、東日本と西日本では平年並みとの 見通しを示した。

日本海側の降雪量は北日本で平年より少ないか平年並み、東日本 と西日本では平年並みの見込み。