日鉄商株が午後急騰、鋼材価格上昇で業績予想増額-第2四半期配当も

新日本製鉄系列の専門商社、日鉄 商事の株価が業績予想修正を発表した午後1時30分以降に急上昇。鋼 材の平均販売単価が会社計画を上回って推移しており、今期(2011年 3月期)業績予想を増額修正した。第2四半期末に2円の配当を実施す るとも発表したため、買いが優勢となった。

株価は前日比5.2%高の245円まで買われ、8月10日以来、約1 カ月半ぶりの水準に値を戻した。

午後1時30分公表の業績予想修正によると、今期の連結純利益は 前期比28%増の67億円になる見通しで、前回予想の55億円を22%上 回る。原燃料や機材・産業機械で売り上げが想定を上回るとみて、売上 高予想を1兆300億円から1兆700億円に4%引き上げた。

配当予想は、前回ゼロとしていた第2四半期末を2円とする一方、 6円と予測していた期末配当を4円に減額、年間では前回と同じ6円と した。

午後1時30分から午後2時までの約30分間で61万8000株の売買 が約定、午後2時までの累積出来高(63万7000株)の97%を占めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE