オバマ米大統領の支持率、国内低迷でも海外高い-ブルームバーグ調査

オバマ米大統領は国内で支持率が 低迷する一方、海外ではおおむね評価が高いことが、世界の投資家調 査で分かった。

ブルームバーグが世界の端末ユーザー1408人を対象に16-17 日に実施した四半期調査によると、米投資家の約4人に3人はオバマ 大統領が企業に厳しいとみており、政策についても悲観的だった。こ れに対し、米国外では過半数が比較的高い評価を下した。

米国内の回答では、共和党が11月の中間選挙で議席の過半数を 確保すれば、投資が改善するとの見方は3分の2に上った。共和党が 多数派となることによる米経済への影響については、5割が「改善す る」と回答し、「大差ない」の36%、「悪化する」の13%をそれぞれ 上回った。

一方、米国外では、オバマ大統領が企業問題で適切なバランスの 取れた措置を講じているとの回答が53%に上った。また、大統領の政 策に伴う投資環境についても悲観的な見方が比較的少なかった。ただ、 世界全体でみると、大統領が企業に厳しいとの見方は50%と、1月時 点の42%を上回った。米投資家の間では77%と、1月時点と変わら なかった。