菅首相:環太平洋経済連携協定の参加問題を初協議へ―日米首脳会談

ニューヨークを訪問する菅直人首 相は米オバマ大統領との23日午後(日本時間24日午前)の首脳会談 で、米政府が推進する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)につい て協議する方針だ。

仙谷由人官房長官は22日の記者会見で、日米首脳会談について「経 済連携についても二国間の経済連携協定(EPA)、自由貿易協定(F TA)のみならずTPPの問題に日米がどう取り組んでいくのかとい う角度からの議論も是非してきてもらう」と言明した。

四方敬之内閣副広報官によると、日米首脳会談でTPPの問題が 取り上げられれば、初めてとなる。これまで日本は、貿易や投資の完 全自由化を目指す同協定への参加に慎重な姿勢を示してきたが、菅内 閣は積極的に検討する姿勢に転じた。

仙谷氏は、「日本の新成長戦略とEPA、TPPの関係付けをどう するのかという議論が日本国内でも活発にできるような、きっかけ作 りというかスタートラインに日米で立つという議論になればさらにい い」と述べた。

TPPには現在、シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブル ネイの4カ国が参加。2015年までに原則として100%の関税撤廃を目 指しており、米国、ペルー、ベトナム、オーストラリアも参加を表明 している。オバマ政権は、TPPをアジア太平洋地域の経済統合の土 台にする狙いがあり、米通商代表部(USTR)のカーク代表は昨年 12月15日、ワシントンで記者団に対し、米国は日本、韓国、マレーシ アのTPP参加を望むと述べた。

これに対し、当時の平野博文官房長官は翌16日の会見で、日本の 参加問題について「100%自由化だというところの問題もある」と述べ、 消極的な姿勢を示していたが、「今後の検討としては否定しない」とも 述べていた。

--取材協力:Mark Drajem Editors :Hitoshi Sugimoto, Kenzo Taniai

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

Hirofumi Hirano

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE