中国シノケム:ドイツ銀とシティ起用、ポタシュへの対応検討で-FT

中国の化学製品商社最大手、中国 中化集団(シノケム)は、カナダの肥料メーカー、ポタシュに対する 英豪系鉱山会社BHPビリトンの買収提案への対抗策として可能な手 段を検討するため、ドイツ銀行と米シティグループを起用した。英紙 フィナンシャル・タイムズ(FT)が、事情に詳しい複数の関係者か らの情報を基に報じた。

同紙が関係者1人の話として伝えたところでは、中国政府はシノ ケムにBHP提案への対抗策検討を認める方針を示している。中国工 商銀行が参加する公算もあるという。

シノケムは8月、BHPのポタシュに対する400億ドル(約3兆 4000億円)規模の敵対的買収提案について、「注視している」と表 明していた。

FT紙は、シノケムがポタシュの経営権ではなく一部株式の取得 を目指す可能性があり、それによってポタシュへの同社の関与に対す る反発は和らぐかもしれないと指摘している。