日車両株が3カ月ぶり高値、米鉄道公社から鉄道車両受注

JR東海傘下の車両メーカー、日 本車両製造株が約3カ月ぶりの高値を付けた。住友商事と共同で、米 国の北東イリノイ地域鉄道公社から鉄道車両約480億円を受注。海外 での鉄道インフラ整備拡大による中期的な業績期待が強まった。

株価は一時、前日比8.3%高の419円と急伸。午前10時11分時 点では、東証1部の値上がり率で2位となっている。

日車両と住友商によると、受注したのは米シカゴ市周辺の中長距 離鉄道向けの鉄道車両160両。2012年度から納入を始め、15年に完納 する計画。22日午前11時に正式発表する。

日車両総務部の上野祐暢氏は、「石油の価格高騰から米国では鉄道 が有力な手段とみなされており、通勤手段で車から鉄道へのシフトが 進んでいる」とし、「米国は台湾と並んで有力な市場と考えている」と 述べた。

同内容については、22日付の日本経済新聞朝刊や東京新聞など複 数のメディアが先行して報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE