米アイスター、来年に事前調整型破産の申請検討-関係者

債務86億ドル(約7300億円)の 一部再編に取り組んでいる米商業不動産金融のアイスター・ファイナ ンシャルは、債権者が融資条件の修正に同意しなかったのを受け、破 産法の適用を申請する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。株価は13%下落した。

アイスターは、いわゆる事前調整型の破産申請に向け、今後数週 間以内に債権者らとの協議を開始する見込み。申請は来年以降になる という。計画が未公表であることを理由に同関係者が匿名を条件に明 らかにした。

アイスターの株式時価総額は約3億1600万ドルと、2007年以降 これまでに90%強減少した。同関係者によると、債務再編のアドバイ ザーにはラザードとカークランド・アンド・エリスが起用された。

事情に詳しい関係者2人の話によれば、破産申請のほかにも、債 務の繰り延べや株式への転換などを検討しているという。

アイスターの広報担当アンドルー・バックマン氏は、コメントを 求める電話と電子メールでの取材に返答していない。同社のジェイ・ シュガーマン会長兼最高経営責任者(CEO)も電話取材に対して返 答しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE