パナソニック:資金調達手段はTOB結果など勘案して検討-日経報道

パナソニックが、三洋電機とパナソ ニック電工の完全子会社化に向けた資金調達で検討中の最大5000億円の 新株発行を見送ると、22日付の日本経済新聞朝刊が報道したことを受 け、パナソニック広報担当の門田晃氏は「資金調達手段については公開 買い付けの結果や市場動向などを勘案のうえ、引き続き検討していく」 と述べた。ブルームバーグ・ニュースの電話取材に対して語った。