金相場:数年以内に1500ドルに上昇へ-加ゴールドコープCEO予想

時価総額で世界2位の産金会社、 カナダのゴールドコープのチャック・ジーンネス最高経営責任者(CE O)は、金相場が「向こう数年」以内に1オンス当たり1500ドルに達 するとの見通しを示した。

ジーンネスCEOは21日、デンバーで開かれた金関連のフォーラ ムでインタビューに応じ、「金相場が向こう数年以内に1500ドルに達 するとの見通しが依然、しっくりと来る」と述べた。同氏はCEOに就 任した2008年12月にも金相場が「向こう数年」以内に1500ドルに 達するとの見通しを示していた。

ジーンネスCEOは「マクロ的な視点から見て世界では多くの事柄 が起こっており、それが金投資につながっている。安全な投資先を求め る需要や将来のインフレに対するヘッジ手段、ドルなどの通貨下落を見 込んでの金投資などだ」と指摘。「状況が大幅に変化し、金を購入する これらの理由がなくなる可能性は極めて低い」との見方を示した。