パナソニク:三洋・電工TOBで増資せず、株価への悪影響回避-日経

パナソニックが三洋電機とパナソ ニック電工の完全子会社化のための株式公開買い付け(TOB)資金調 達で検討していた最大5000億円相当の新株発行を見送る、と22日付の 日本経済新聞朝刊が報じた。相場低迷を背景に発行済み株式数の増加に 伴って同社株価がさらに下落するのを防ぐのが目的としている。

同紙によると、パナソニックは最大8000億円規模となる株式取得 資金を手元資金や借入金で賄い、2社の完全子会社化後も公募増資は行 わない方針。取材源は明示していない。