9月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎外国為替市場:ドル下落、対ユーロ6週ぶり安値-FOMC受け

ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。対ユーロで6週ぶり 安値をつけた。ドルは対円でも下げた。連邦公開市場委員会(FOM C)が会合後の声明で、景気浮揚を目指し、金融緩和の追加策を講じ る用意があると表明したのが背景。

円は対ドルで上昇。9月15日の日本による為替介入以来の高 値を付けた。ドルは主要16通貨のうち15通貨に対して下落。スイ ス・フランは対ドルでパリティー(等価)水準となった。投資家はド ルの購買力低下を警戒し、資金をフランに逃避させた。

先物ブローカー、MFグローバル・ホールディングスのアナリ スト、ジェシカ・ホバーセン氏は、「ドルに売り圧力をかけているの は米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート拡大の脅威だ」 と述べた。

ニューヨーク時間午後3時59分現在、ドルは対ユーロで

1.4%下げて1ユーロ=1.3237ドルと、8月9日以来の安値。前 日は1.3061ドルだった。円は対ドルで0.7%値上がりして1ドル =85円9銭。前日は85円69銭だった。スイス・フランは0.8% 上げて1ドル=0.9971フランと、15日以来の高値。前日は

1.0048フランだった。

FOMC声明

FOMCは声明で、「委員会は今後も経済見通しと金融の動向 を見守り、景気回復を支援し時間をかけてインフレを責務と一致する 水準に戻すため、必要に応じて緩和措置を追加する意向だ」と表明し た。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジーの世界責任者アラン・ラ スキン氏(ニューヨーク在勤)は、FRBに対し量的緩和の再開や大 規模な資産購入への圧力が高まれば、ドルが対円で押し下げられる可 能性があると指摘した。

今月15日、日本は単独で2004年以来初の為替介入に踏み切 った。円売り介入を実施した当日の円は3.3%下落したものの、そ こから0.8%値を戻している。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルク センブルク首相兼国庫相)は先週、日本当局による単独介入に不快感 を表明した。

ユーロ相場

オンライン外為取引会社ゲイン・キャピタル傘下のフォレック ス・ドット・コムのチーフトレーダー、ティム・オサリバン氏は、 「明らかに恩恵を受けるのはユーロだろう」と述べ、「短期および中 期的に米国の金利は低いだろう。それに対し欧州は同じ状況にはなら ないとみている。つまりユーロは非常に魅力的な通貨となる」と説明 した。

ユーロはこれより先、欧州での国債入札を材料に対ドルで上昇 した。スペインとアイルランドが入札を実施、発行額は目標額の上限 だったことからソブリン債悪化の懸念が緩和された。

アイルランドの国民財務管理庁(NTMA)によると同国はこ の日、15億ユーロの入札を実施した。またスペインの入札は12カ 月物・18カ月物証券を合わせて70億ユーロ。ギリシャは13週物 証券を3億9000万ユーロ入札した。利回りは3.98%だった。

オーストラリア・ドルは対米ドルで0.7%高。同国中銀が景 気の拡大に伴い金利を引き上げる可能性を示唆したのが材料となった。

◎米国株式市場:総じて下落、FOMCが緩和示唆で国債に資金移動

米株式相場は総じて下落。S&P500種株価指数は4カ月ぶり 高値から下げに転じた。米連邦準備制度理事会(FRB)が景気浮揚 に向けさらに国債を購入するとの観測が強まったことから、米国債に 資金が流れた。

JPモルガン・チェースとモルガン・スタンレーが大きく下落し、 金融株指数の値下がり率上位に付けた。上場する米アパート経営の銘 柄では最大手のエクイティ・レジデンシャルも安い。スタイフェル・ ニコラスは同社の投資判断を引き下げた。加工食品メーカーのコナグ ラ・フーズも下落。同社は決算がアナリスト予想を下回った。

S&P500種株価指数は前日比0.3%安の1139.78。朝方は 予想を上回る住宅着工件数を受けて上昇していた。ダウ工業株30種 平均は7.41ドル(0.1%)上昇の10761.03ドル。キャタピラ ーとヒューレット・パッカード(HP)を中心に上げ、終値ベースで は5月13日以来の高値となった。

セキュリティー・グローバル・インベスターズのファンドマネジ ャー、マーク・ブロンゾ氏は、「市場は細かいことにこだわっている」 と指摘。米連邦公開市場委員会(FOMC)が金融緩和策に前向きな 姿勢を示したのは、「経済成長に関して神経質になっている兆しとも 受け取れる。市場参加者はまた、FOMCにできることは限られてい ることに気づき始めている。FOMCはそれを即時実施する理由はな いとし、現在の成長ペースで大丈夫だということを示唆したとも取れ る」と述べた。

米景気の拡大・縮小の転換点を判断する全米経済研究所(NBE R)の景気循環判定委員会は前日、2007年12月に始まった米リセ ッション(景気後退)は2009年6月に終息したと発表。その期間 は世界恐慌以来で最長の18カ月間だったとの見解を示していた。米 商務省が8月27日に発表した4-6月(第2四半期)の実質国内総 生産(GDP、改定値、季節調整済み、年率)は前期比1.6%増加 と、1-3月(第1四半期)の3.7%増加から伸びが鈍化した。

FOMCはこの日の声明で、「委員会は今後も経済見通しと金融 の動向を見守り、景気回復を支援し時間をかけてインフレを責務と一 致する水準に戻すため、必要に応じて緩和措置を追加する意向だ」と 表明した。政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目 標については、「長期にわたり」ゼロから0.25%のレンジにとどめ る方針をあらためて示した。

銀行株が安い

金融株指数は1%安と、S&P500種の業種別10指数の値下 がり率トップとなった。JPモルガンは1.5%安。モルガン・スタ ンレーは2.9%値下がりした。

エクイティ・レジデンシャル(2.6%安)を中心に不動産株も 下落。不動産株指数は1.8%安と、S&P500種の業種別24指数 の値下がり率トップ。スタイフェル・ニコラスは同社の投資判断を 「買い」から「ホールド」に引き下げた。

コナグラ・フーズは3.6%安。同社の6-8月(第1四半期) 決算は一部項目を除いた1株当たり利益が34セントと、ブルームバ ーグがまとめたアナリスト予想平均の39セントを下回った。

住宅着工件数

株式相場は朝方には上昇していた。米商務省が発表した8月の住 宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比10.5% 増の59万8000戸だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミストの予想中央値は55万戸。前月は54万1000戸。

航空株指数は1.9%高。国際航空運送協会(IATA)は世界 の航空業界の2010年の利益が89億ドル(約7600億円)と、当 初予想の3倍余りとなるとの見通しを示した。IATAは来年の利益 は53億ドルに恐らく落ち込むと予想。成長持続への懸念があるほか、 利益マージンが「ごくわずか」となることを理由に挙げた。

コンチネンタル航空は4.9%高。UALは4.8%値上がり。

◎米国債市場:2年債利回り過去最低、FOMCが追加緩和の用意

米国債相場は上昇。2年債利回りは過去最低に低下した。米連邦 準備制度理事会(FRB)が21日開いた米連邦公開市場委員会(F OMC)で、景気押し上げや失業率低下に向け追加金融緩和の用意が あると表明したことが材料視された。

10年債利回りは、一時下げを縮める場面があった。FOMCで は、借り入れコストを低く維持するための米国債の購入拡大は見送ら れた。10年債と2年債の利回り格差は縮小し、約2週間で最小とな った。米景気回復の失速懸念が反映された。

ユナイテッド・ネーションズ・フェデラル・クレジット・ユニオ ン(ニューヨーク)の最高投資責任者(CIO)、クリストファー・ サリバン氏は、「景気が再び悪化するリスクは低下してはいるものの、 それが米国債への需要が続いている理由だ」と指摘。「直ちに量的緩 和を実施することはないが、それが、今後全般的な価格水準が落ち込 んだと判断した場合に行動を起こさないということにはならない」と 述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時16分現在、10年債利回りは前日比13ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)低下の2.58%。同年債(表面利率

2.625%、2020年8月償還)価格は1 2/32上げて100 3/8。

2年債利回りは4bp下げて0.43%。一時0.4155%と、過 去最低を付けた。10年債と2年債の利回り格差は2.16ポイントに 縮小し、終値ベースでは8日以降で最小となった。30年債利回りは 9bp低下の3.79%。

金先物が最高値

ニューヨーク金先物相場は過去最高値を更新。ニューヨーク商業 取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場12月限は1オン ス=1290.40ドルを付けた。株式市場ではS&P500種株価指数 が0.3%安。外国為替市場では、円がドルに対し、日本政府・日銀 が為替介入を実施した今月15日以来の高値に上昇した。

米2年債と日本の2年債の利回り格差は29bpに縮小し、米金 融当局が政策金利を実質ゼロに引き下げた2008年12月以来で最 小となった。

FOMCは声明で、「委員会は今後も経済見通しと金融の動向を 見守り、景気回復を支援し時間をかけてインフレを責務と一致する水 準に戻すため、必要に応じて緩和措置を追加する意向だ」と記した。

米労働省が発表した8月の米消費者物価指数は、食品とエネルギ ーを除いたコア指数が前年同月比では5カ月連続で0.9%上昇にと どまった。これは1966年以降で最も低い伸び。

ブレークイーブンレート

10年物の米国債とインフレ連動国債(TIPS)の利回り格差 であるブレークイーブンレートは1.82ポイント。過去5年間の平 均は2.11ポイント。ブレークイーブンレートは、トレーダーのイ ンフレ期待を示す。

サンアメリカ・アセット・マネジメントで20億ドル相当の資産 運用に携わるマイケル・チア氏は「FRBは、インフレが連邦準備法 で定められた物価安定の水準を下回っていることを率直に認めている。 これは明らかにデフレに対する懸念を示唆するものだ」と指摘。「最 初の引き締め措置の時期に関する市場の予想は、半年から1年、先延 ばしされる必要がある」と語った。

SEIインベストメンツで80億ドル相当の資産運用に携わるシ ョーン・シムコ氏は「景気見通しに大幅な変化が見られるまでは、米 国債は現在の水準付近で推移するだろう」と予想。「FOMCは追加 金融緩和の可能性を残し、市場に明確さを示した」と指摘した。

◎金先物市場:連日の過去最高値、FOMC追加緩和示唆とドル安で

ニューヨーク金先物相場は過去最高値を更新。米連邦公開市場委 員会(FOMC)が長期にわたる低金利維持を示唆した後にドルが下 落、これを受けて金が急伸した。

FOMCが声明で必要に応じて追加緩和を講じる意向を示し た後のニューヨーク時間午後2時43分現在、金先物は1オンス=

1290.40ドルに達した。ドルは主要6通貨のバスケットに対して 一時1.3%下落。金は今年に入って17%値上がりし、年間ベース では10年連続高に向かっている。

ラサール・フューチャーズ・グループのトレーダー、マシュ ー・ジーマン氏(シカゴ在勤)は、「景気はまだ崩れやすい。肝心 なのはFRBで追加緩和の準備が整っており、景気を支援するた めには国債購入の拡大も辞さない覚悟でいることだ」と述べ、「ド ルは打ちのめされ、金は上値を追う展開だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物相場12月限は取引終了後のニューヨーク時間午後3時1分 現在、前日比3.70ドル(0.3%)高の1オンス=1284.50ドル。 FOMC発表直前の午後2時14分には同1272ドルだった。

12月限のこの日の終値は、前日比6.50ドル安の同1274.30 ドル。

◎原油先物市場:反落、今月の安値で引け-在庫統計控え需要減観測

ニューヨーク原油先物相場は反落。米エネルギー省の在庫統計を 22日に控え、製油所の設備稼働率が5カ月ぶりの水準に低下したと の観測が広がり、原油価格は需要減少の思惑で今月の安値となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト17人の予想中 央値では、先週の製油所稼働率は86.8%。世界最大の石油消費国で ある米国の石油在庫は、20年ぶりの高水準に近い。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチの マイケル・リンチ社長は、「石油製品の高い在庫水準を踏まえ、製 油セクターは原油購入を渋っているようだ」と指摘。「回復を示唆す るような材料がいまだに待たれている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 日比1.34ドル(1.79%)安の1バレル=73.52ドル。終値とし ては8月31日以来の安値となった。10月限はこの日が最終取引。 11月限は1.22ドル(1.6%)安の1バレル=74.97ドル。

◎欧州株式市場:下落、ノキアとドイツ銀が大幅安-FOMCを控え

欧州株式相場は下落。アイルランドとスペイン、ギリシャの国債 入札を好感して上昇したものの、ノキアとドイツ銀行が急落したこと を受けて、ストックス欧州600指数は下げた。米連邦公開市場委員 会(FOMC)声明待ちの気分も強かった。

携帯電話メーカー最大手、フィンランドのノキアは4.5%安。 ドイツ銀も4.5%下げた。7-9月(第3四半期)決算が赤字にな るとの見通しが売りにつながった。仏銀ナティクシスは4.7%下落。 ゴールドマン・サックス・グループが同銘柄を売りに指定したことが 嫌気された。

一方、英石油・ガスのパイプラインメーカー、ウェルストリー ム・ホールディングスは30%急騰。買収を打診されたと明らかにし たことが手掛かり。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%安の265.01。前日 は1.3%上昇していた。同指数は4月に付けた年初来最高値からは

2.6%下回る水準となった。

アイルランド国債入札

アイルランドはこの日、15億ユーロ相当の国債入札を実施した。 同国中央銀行のホノハン総裁が政府は財政赤字の削減ペースを速める 必要があるとの認識を示したことを受け、前日の国債利回りは過去最 高に達していた。

スペインは12カ月物・18カ月物証券を合計70億ユーロ発行。 発行額は目標の上限だった。ギリシャは13週間物証券を3億9000 万ユーロ入札した。利回りは3.98%。

ノキアの終値は7.52ユーロ。同社がソフトウエアの不具合か ら最新主要機種となるスマートフォン(多機能携帯端末)「N8」の 出荷を遅らせるとの報道が嫌気された。ノキアの広報担当、ダグ・ド ーソン氏はこうした報道を否定し、計画通り月末までにN8を出荷す ると言明した。

ドイツ銀は44.75ユーロで終了。同行はこの日、コーポレート バンキング・証券部門の第3四半期税引き前利益が前年同期を「大幅 に下回る」可能性があるとの見通しを示した。目論見書によると、ド イツ・ポストバンク買収に関連したコスト計上などに伴い、第3四半 期の純損益は赤字となる見込み。

◎欧州債券市場:アイルランド中心に周縁国国債が上昇、入札好感

欧州債相場は上昇。アイルランドが実施した15億ユーロ相当の 国債入札が順調だったほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)が米 国債購入を増額する可能性を示唆するとの観測が背景にある。

アイルランド国債相場は7営業日ぶりに上昇し、スペインとギリ シャの両国債相場も上げた。これら3カ国はこの日、総額89億ユー ロ(約1兆円)の国債入札を実施した。FOMCを控え、ドイツ国債 相場も高い。アイルランド国債のドイツ国債に対するプレミアム(上 乗せ利回り)は先日に4%を超えたものの、この日は縮小した。

INGグループの先進国債券戦略部門の責任者を務めるパドライ ク・ガービー氏(アムステルダム在勤)は、「相場下落が入札に貢献 したのは明らかだ」と述べた上で、周縁国の国債とドイツ国債とのス プレッドの「収束が進み、プラスの方向へと動く前兆だ」と語った。 「ギリシャ国債入札で利回りが4%未満だったのはとりわけ好材料だ」 と付け加えた。

ロンドン時間午後4時35分現在、アイルランド10年債利回り は前日比17ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

6.37%。同年限のドイツ国債に対するプレミアムは384bpと、 前日の401bpから縮小した。同国債(表面利率4.5%、2020年 4月償還)価格は1.055ポイント上げ86.86。

アイルランドはこの日、2014年と18年償還の国債を入札した。 スペインは合わせて70億ユーロの12カ月物・18カ月物証券を発 行。発行額は目標の上限だった。ギリシャは13週間物証券を3億 9000万ユーロ入札した。利回りは3.98%。

スペイン10年債利回りは3bp低下の4.22%、ギリシャ10 年債利回りは27bp下げ11.34%となった。

一方、ドイツ10年債利回りは前日比2bp低下の2.45%。ブ ルームバーグのエコノミスト調査では、FOMCは低金利を継続する 姿勢をあらためて示すとみられている。米パシフィック・インベスト メント・マネジメント(PIMCO)のグローバル戦略アドバイザー、 リチャード・クラリダ氏は前日、FRBが金利決定とともに声明の文 言を通じて年内に米国債を買い増す可能性を示唆し、市場に準備を促 す可能性があるとの見方を示した。

◎英国債市場:上昇、10年債利回り3.12%に低下

英国債相場は上昇。この日発表された8月の財政赤字が予想以上 に増加したことから政府が歳出削減をさらに強化するとの観測が強ま り、ポンド相場はユーロに対し2カ月ぶり安値を付けた。

英政府統計局(ONS)が21日発表した8月の財政赤字は 153億ポンド(約2兆300億円)と、同月としては統計開始の 1993年以降の最大となった。前年同月は135億ポンド。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト15人の調査中央値では、 125億ポンドの赤字と見込まれていた。

10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の3.12%。2年債利回りは2bp下げ0.70%とな った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチがまとめた指数 によると、英国債の今四半期のリターン(投資収益率)はプラス

4.4%。これに対しドイツ国債はプラス3.3%、米国債はプラス

2.7%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE