英銀行ボーナス税、想定40%上回る収入-報酬抑制の効果は期待外れ

1回限りのボーナス税として英 国の銀行が政府に支払った総額は、6月時点の当初予想を40%上回 った。銀行ボーナスへの課税が幹部報酬の抑制につながっていないこ とが示唆された。

ロンドンで21日公表された政府の統計によると、8月31日ま でに銀行が支払ったボーナス税は総額35億ポンド(約4600億円)。 オズボーン英財務相は6月、ボーナス課税により25億ポンドの税収 を見込んでいるとしていた。

ケーブル英民間企業担当相は前日、英銀が高額ボーナスの支払い を控えない限り、党派を超えて議員らから「猛烈な反発」を招くと警 告していた。政府は第2次大戦以降で最大規模となる歳出削減策の導 入を模索するなか、銀行報酬に対する国民の反発を抑えようと努めて いる。

クレッグ英副首相は21日、英BBCラジオ4に対し、「現実離 れした天井知らずの高額ボーナスなどもってのほかだということを、 銀行は理解しなくてはならない」と発言。「銀行が正当化されないボ ーナスを支給するならば、われわれには極めて重大な行動を取る権利 がある」と続けた。