グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が約5カ月ぶりの高値で引け た。サンフンカイ・プロパティーズ (新鴻基地産発展)の増益決算 を受け、不動産開発株が買われた。

時価総額で世界最大の不動産開発会社、サンフンカイ(16 HK) は0.7%高。同業のサイノ・ランド (信和置業、83 HK)は2.3% 高。ヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK)は0.5%高。

一方、スイス時計メーカーのスウォッチ・グループと提携する時 計販売のヘンダリー・ホールディングス(亨得利、3389 HK)が 6%下げた。転換社債の発行計画が売り材料。中国の固定電話最大手 チャイナ・テレコム(中国電信、728 HK)は3.5%安。加入者数の 伸び鈍化が嫌気された。

ハンセン指数は前日比25.25ポイント(0.1%)高の

22002.59と、終値としては4月15日以来の高値。ハンセン中国企 業株(H株)指数は同0.2%高の12193.31で引けた。

BEAユニオン・インベストメント・マネジメントの調査マネジ ャー、スティーブ・ツェ氏は、「香港経済が不動産と金融という2本 柱に依存していることを考え、われわれは長期的に不動産開発株を選 好している」と説明。その上で、ハンセン指数の「22000という水 準は主要な心理的節目だ。今週祝日があることを考慮すると、投資家 が手控え、変動が高まるだろう」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は反発。上海総合指数が前日の5週間ぶりの安値か ら上げに転じた。連休中に消費支出増が期待できるとの見方から家電 株が買われた。不動産課税に関する一部報道を受けて、資源関連株な どは下落した。

家電メーカーの広東美的電器 (000527 CH)と珠海格力電器 (000651 CH)は共に2%高。銅生産の江西銅業(600362 CH)は 4%値下がりした。住宅市場の過熱抑制のため、中国政府が不動産に 関する税制措置を近く発表する可能性があるとの第一財経日報の報道 が嫌気された。中国アルミ(チャルコ、601600 CH)も0.5%安。

中国国際航空(601111 CH)は1.4%安。このところの上昇は 行き過ぎとの警戒感から航空株も軟調だった。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は、「消費 関連株は通常、連休前に市場全体をアウトパフォームする。今回も例 外ではない」と指摘。一方で、不動産関連税制の問題は株式相場の重 しであり続けるとの見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比2.84ポイント(0.1%)高の2591.55。 前日は8月12日以来の安値となっていた。上海、深セン両証取のA 株に連動するCSI300指数は前日比0.3%高の2857.48。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種株価指数は 2008年1月以来初めて20000台に乗せた。景気拡大を背景とした 海外投資家による買いが膨らんだ。

インド最大の電力設備メーカー、バーラト重電機は5営業日ぶり に上昇。267億ルピー相当の発電施設建設契約をビサ・パワーから受 注したことが好感された。国内最大のエンジニアリング会社、ラーセ ン・アンド・トゥブロは2%上昇。証券取引所のデータによると、海 外投資家による国内証券と債券への投資額は年初来で250億ドルに 達し、過去最大となった。

カナラ・ロベコ・アセット・マネジメント(ムンバイ)の株式部 門責任者、アナンド・シャー氏は、「世界の投資家はインドの景気見 通しを見込んで、プレミアムも払ってでも投資に意欲的だ。インドは 成長率が最も高い国の一つであるのに加え、国内消費が極めて堅調な ことから国外に依存していない」と語った。

ボンベイ証取のセンセックス30種は前日比95.45ポイント (0.5%)高の20001.55で引けた。5月25日に付けた直近の安値 からは25%上げている。海外投資家によるインド株式の買い越し額 は年初来で57%増加し、センセックス指数の時価総額はアジアやブ ラジルとロシア、中国とともに構成しているBRICs諸国の主要株 価指数の中で最高となった。

バーラト重電機(BHEL IN)の終値は1.5%高の2479.35ルピ ー。ラーセン(LT IN)は2039.90ルピーと、08年1月以来の高 値で終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比13.8ポイント(0.3%)安の4617.5。

【韓国株式市況】

21-23日の韓国株式市場は秋夕の祝日で休場。取引は24日に 再開される。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比9.44ポイント(0.1%)高の8196.40。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比14.41ポイント(0.5%)高の3095.39。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比6.30ポイント (0.4%)高の1475.99。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比14.15ポイント(1.5%)高の937.21。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比5.94ポイント(0.2%)安の

3365.04。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比34.64ポイント(0.9%)高の

4087.96。