米国が世界首位から転落、有望投資先はブラジルと中国、インド-調査

米国は世界で最も有望な投資先の 座から転落し、ブラジルと中国、インドの新興3カ国に追い抜かれた が、先進国の中では依然としてトップであることがブルームバーグの 四半期調査「ブルームバーグ・グローバル調査」で明らかになった。

ブルームバーグが世界の投資家やアナリストなど端末ユーザー 1408人を対象に今月16、17日に実施した最新調査では、今後1年間 に見込まれるリターンのランキングで米国は4位に後退。1位にはブ ラジルと中国が並び、3位はインドだった。

前回6月の調査以降、米国株式相場は上昇傾向にあり、S&P500 種株価指数は6月3日に完了した前回調査以降で3.62%値上がりし た。ただ、上昇率ではブラジルのボベスパ指数(10.56%)やインドの センセックス指数(10.44%)を下回っている。中国の上海総合指数は

1.41%高。

同調査ではまた、米連邦準備制度理事会(FRB)が景気てこ入 れのため追加策を講じる可能性が高いとの見方も示された。回答者の 3分の2は、連邦公開市場委員会(FOMC)が年末までに債券購入 を通じた追加金融緩和に乗り出すと予想。一方で65%の回答者は、F RBの債券購入では米景気の後押しにはならないとの見方も示した。 FRBは21日にFOMCを開く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE