インド・ルピーへの投資家信頼感高まる-240億ドルが証券市場に流入

インドの通貨ルピーに対する投資 家の信頼感が昨年5月以来の高水準となっている。同国の株式・債券 市場には今年、過去に例のない240億ドル(約2兆530億円)に上る 資金が世界のファンドから集まっている。

ブルームバーグが集計したデータによれば、1カ月物のオプショ ン取引で、ドルに対しルピーを売る権利(プット)のコストは、ルピ ーを買う権利(コール)を5月25日時点で600ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上回っていたが、今月20日には30bpまで縮 小した。ルピーのプット買い入れのコール購入に対するプレミアムは、 ブラジル・レアルやロシア・ルーブルよりも小さい。ルピーは今月3% 値上がりしており、アジア通貨の中では韓国ウォンに次ぐ上昇率。

ルピーは1-8月に1.1%下落した。ただ、同国政府による国営 企業の株式売却計画とインド準備銀行(中央銀行)の利上げを受け、 財政赤字が縮小しインフレ圧力は和らぐとの観測から上昇に転じてい る。証券取引所のデータによれば、同国の株式市場には今年、世界の ファンドから150億ドルの資金が流入。前年同期比で57%増えている。 債券市場へは90億ドルと過去8年の合計額を上回るという。

米ウエスタン・アセット・マネジメントのアジア債責任者、ラジ ーブ・デメロ氏(シンガポール在勤)は20日のインタビューで、「イ ンドの成長見通しは引き続き力強く、株式相場についてもかなり明る い」と指摘。「ルピー高はインド中銀のインフレ抑制への取り組みを援 護するため、同中銀はルピーの上昇に相当満足しているはずだ」と語 った。

ブルームバーグが集計したアナリスト12人の予想では、ルピーは 2011年末までに1ドル=43.250ルピー(中央値)と、20日の45.705 ルピーから5.5%の上昇が見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE