豪州:資源輸出額の見通し、過去最高に引き上げ-鉄鉱石など需要増で

オーストラリア政府は、原材料価 格の上昇や需要拡大を背景に、2010-11年度(10年7月-11年6月) の資源輸出額見通しを引き上げ、過去最高水準に達するとの見方を示し た。同国は石炭や鉄鉱石、羊毛の世界最大の輸出国。

オーストラリア農業資源経済局(ABARE)は21日、電子メー ルで送付した文書で、同国の資源輸出額が2149億豪ドル(約17兆 4000億円)に達する可能性があるとの見方を示した。6月時点の予想 は2025億豪ドル、前年度の修正値は1706億豪ドルとなっている。

中国の需要拡大に対応するため、豪州は鉄鉱石などの原材料の生産 を増やしている。東部での降雨で多くの地域で干ばつが収束し、かんが い用ダムが増強されているため、小麦や綿花などの農産物生産も増加が 見込まれている。

文書は「輸出高の増加と豪州産鉄鉱石や石炭の価格上昇が見込まれ ることが、鉱物資源輸出の急増が予想される主な理由だ」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE