アジア太平洋地域の債券保証コストが低下-クレジットデリバティブ

21日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、アジア太平洋地域の社債・国債保証 コストが低下している。

クレディ・アグリコルCIBによると、50の投資適格級発行体 で構成するマークイットiTraxxアジア(日本除く)指数のスプ レッドは香港時間午前8時23分(日本時間同9時23分)現在、2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の121bp。

野村ホールディングスによれば、オーストラリアの投資適格級発 行体に連動するマークイットiTraxx豪州指数のスプレッドは、 シドニー時間午前8時52分(日本時間同7時52分)現在、1bp 低下し116.5bpとなっている。

モルガン・スタンレーのデータでは、この日から新シリーズに移 行した日本の投資適格級発行体で構成するマークイットiTraxx 日本指数のスプレッドは日本時間午前9時14分現在、100bp。マ ークイットのウェブサイトによると、新シリーズの銘柄入れ替えでキ ヤノン、三井化学、清水建設が採用された一方、東海旅客鉄道(JR 東海)、スズキ、東京ガスが除外された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE