米原油在庫:先週160万バレル減か、パイプラインの閉鎖で-BN調査

ブルームバーグ・ニュースのアナ リスト調査によると、米国の先週の原油在庫は5週間ぶりの低水準に減 少したようだ。カナダと米中西部を結ぶエンブリッジ・エナジー・パー トナーズのパイプラインが漏えいで8日間閉鎖されたことが要因。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の在庫統計発表を22 日に控え、アナリスト14人を対象に実施した調査によると、17日終了 週の原油在庫は前週の3億5740万バレルから160万バレル(0.4%) 減少したとみられる(予想中央値)。13人が減少、1人が増加を予想 した。減少ならば3週連続。

エンブリッジのパイプラインは日量67万バレルの油送が可能。米 国の原油輸入は7月以降で19%減少した。カナダは6月に対米原油輸 出で1位だった。パイプラインは17日に再開した。

アナリスト予想の中央値によると、先週の製油所の設備稼働率は

86.8%と前週から0.8ポイント低下したもよう。この水準は4月16 日終了週以降で最低。

ヒーティングオイル(暖房油)とディーゼル油を含む留出油在庫 は前週の1億7450万バレルから25万バレル増加したと見込まれる。 8人が増加、6人が減少を予想した。

ガソリン在庫は前週の2億2450万バレルから25万バレル減少し たとみられる。7人が減少、5人が増加、2人が横ばいを予想。

エネルギー情報局(EIA)は週間在庫統計をワシントン時間22 日午前10時半(日本時間同日午後11時半)に発表する。