サンデン株4カ月半ぶり高値、欧州出荷伸び最高益も-TIW格上げ

欧州自動車企業が主要顧客のコン プレッサーメーカー、サンデン株が一時前日比3.4%高の338円と続 伸。5月6日(350円)以来、約4カ月半ぶりの高値を付けた。欧州 自動車メーカーの業況回復に伴い、同社製品への需要が予想以上に好 調として一部アナリストが投資判断を引き上げたため、利益水準の高 まりを通じた株価の先高期待が強まった。

独立系調査会社ティー・アイ・ダヴリュ(TIW)は17日、コン プレッサー販売が堅調で最終利益で過去最高益更新の可能性があると し、サンデンの投資判断を従来の「2-(中立マイナス)」から「1(ポ ジティブ)」に引き上げた

高田悟シニアアナリストは17日付のリポートで、「ユーロ安によ る欧州主要取引先の輸出競争力アップで、欧州地区でのコンプレッサ ー出荷が同社想定以上となり、足下も好調維持」との見方を示唆。ア ジアでの自動車機器も堅調で、2011年3月期の業績は前期を大きく上 回る着地を予想しているという。同氏によると、主力コンプレッサー の第1四半期の欧州地区販売台数は前年同期比24%増、中国のフォル クス・ワーゲン向けの好調にけん引されたアジア地区の第数は同55% 増だった。

TIWでは、サンデンの2011年3月期の売上高予想を前期比6% 増の2070億円、営業利益を同2倍の105億円、純利益2.1倍の94億 円と見ている。