欧州株:下落、ノキアとドイツ銀が大幅安-FOMCを控え

欧州株式相場は下落。アイルラ ンドとスペイン、ギリシャの国債入札を好感して上昇したものの、ノ キアとドイツ銀行が急落したことを受けて、ストックス欧州600指数 は下げた。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明待ちの気分も強か った。

携帯電話メーカー最大手、フィンランドのノキアは4.5%安。ド イツ銀も4.5%下げた。7-9月(第3四半期)決算が赤字になると の見通しが売りにつながった。仏銀ナティクシスは4.7%下落。ゴー ルドマン・サックス・グループが同銘柄を売りに指定したことが嫌気 された。

一方、英石油・ガスのパイプラインメーカー、ウェルストリー ム・ホールディングスは30%急騰。買収を打診されたと明らかにした ことが手掛かり。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%安の265.01。前日は

1.3%上昇していた。同指数は4月に付けた年初来最高値からは

2.6%下回る水準となった。

アイルランド国債入札

アイルランドはこの日、15億ユーロ相当の国債入札を実施した。 同国中央銀行のホノハン総裁が政府は財政赤字の削減ペースを速める 必要があるとの認識を示したことを受け、前日の国債利回りは過去最 高に達していた。

スペインは12カ月物・18カ月物証券を合計70億ユーロ発行。 発行額は目標の上限だった。ギリシャは13週間物証券を3億9000 万ユーロ入札した。利回りは3.98%。

ノキアの終値は7.52ユーロ。同社がソフトウエアの不具合から 最新主要機種となるスマートフォン(多機能携帯端末)「N8」の出 荷を遅らせるとの報道が嫌気された。ノキアの広報担当、ダグ・ドー ソン氏はこうした報道を否定し、計画通り月末までにN8を出荷する と言明した。

ドイツ銀は44.75ユーロで終了。同行はこの日、コーポレート バンキング・証券部門の第3四半期税引き前利益が前年同期を「大幅 に下回る」可能性があるとの見通しを示した。目論見書によると、ド イツ・ポストバンク買収に関連したコスト計上などに伴い、第3四半 期の純損益は赤字となる見込み。