米社債保証コスト上昇、新シリーズへの乗り換えで-CDS

20日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは上昇。銀行や ヘッジファンドなどの資産運用会社が指標となる指数の新シリーズに 乗り換えを開始した。

フェニックス・パートナーズ・グループによれば、北米企業の信 用リスクの指標であるマークイットCDX北米投資適格指数(シリー ズ15)のスプレッドは、ニューヨーク時間午後6時37分(日本時 間21日午前7時37分)現在、106.6ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)。これはシリーズ14を5.1bp上回る水準。

プリマス・アセット・マネジメントのシニアトレーダー、アンド ルー・クアン氏(ニューヨーク在勤)は、2つのシリーズの水準の違 いの大部分は「恐らくより期先物への乗り換えが進みつつあるためだ」 と説明。「銘柄入れ替えは1件だけで、投資家の抱えるリスクの構造 の真の変化というものではない」と指摘した。

米医療施設運営会社のユニバーサル・ヘルス・サービシズは、格 付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィッチ・レ ーティングスが同社の格付けをいずれも投資不適格級に引き下げたこ とを受けて、シリーズ15の構成銘柄から外された。一方、メーンフ レーム向けソフト2位の米CAが新たに加えられた。

CMAによれば、シリーズ14のスプレッドは2.5bp低下の

101.5bp。米住宅建設会社レナーの決算が予想を上回ったほか、米 史上最悪のリセッション(景気後退)からの回復が続くとの観測が投 資家の間で広がった。

-- Editor: Mitchell Martin

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net     Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Childs in New York at +1-212-617-6289 or mchilds5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net