NY外為(20日):ドルが下落-株高でリスク志向

ニューヨーク外国為替市場で はドルが主要通貨の大半に対して下落。株式や商品相場の上昇で、 投資家は高利回り通貨を選好した。

ドルは先週、対ユーロで5週ぶり安値をつけた。連邦公開市 場委員会(FOMC)が21日の会合後の声明で追加緩和策の検討 を発表するとの観測が背景。今週実施される入札を控え、欧州債 の指標となるドイツ債と周縁国の国債との利回り格差が拡大し、 ユーロへの需要が抑制された。オーストラリア・ドルは上昇。政 策当局者が景気の拡大に伴い金利を引き上げる可能性を示唆した のが材料となった。

オンラインでの為替取引を扱うGFTフォレックスの為替調 査担当ディレクター、キャシー・リーン氏(ニューヨーク在勤) は、「FOMCが様子見するのか、あるいは実際に年末まで量的緩 和策を実施し通すのかが注目されている」と述べ、「株式相場の上 昇は投資家のリスク志向の高まりを示唆している。ドルの下落で ユーロが押し上げられた格好だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時13分現在、ドルはユーロに対して

0.1%安の1ユーロ=1.3068ドル。前週末は1.3050ドルだった。 17日は8月11日以来の安値となる1.3159ドルまで下げる場面 もあった。ドルは円に対してこの日0.2%安の1ドル=85円69 銭。円は対ユーロで1ユーロ=111円98銭。前週末は112円6 銭だった。

スイス・フランは対ドルで0.5%高の1ドル=1.0048フラ ン。フランはユーロに対して0.4%上昇の1ユーロ=1.3136フ ラン。一時は0.5%高まで上げる場面があった。

周縁国の利回り格差

ドイツ10年債と同年限ポルトガル債のスプレッドはブルー ムバーグがデータ収集を開始した1997年以降の最大まで広がっ た。また、ドイツ10年債と同年限アイルランド債のスプレッドは 過去最大を記録した。両国は今週、国債入札を実施する。

シティグループはテクニカル指標を引用し、対ドルでのユー ロ売りを助言した。テクニカル指標に基づく分析によると、ユー ロは対ドルで1カ月ぶり安値を付ける見通しだ。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、FO MCは21日、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を「長期 にわたって」現行の低水準で据え置き、FRBが保有する証券を 一定規模に保つ意向をあらためて表明する可能性が高い。

オーストラリア・ドル

オーストラリア・ドルは対米ドルで上昇。オーストラリア準 備銀行(中央銀行)のスティーブンス総裁は、鉱業ブームに伴う 景気加速を背景に利上げを再開する必要があるかもしれないとの 見解を述べた。

オーストラリア・ドルは対米ドルで1.2%高の1豪ドル=

94.73米セント。2008年7月以来の高水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE