NY銅:反落、米国の景気先行き懸念で-終値3.5045ドル

20日のニューヨーク銅先物相場は反 落。米国の景気回復ペースにばらつきがあるため、産業用金属の需要が 減退するとの思惑から売りが優勢となり、下げに転じた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は、前日比1.75セント(0.5%)安の1ポンド=3.5045ドルで 終了。一時は3.5555ドルと4月26日以来の高値をつける場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE