9月20日の欧州マーケットサマリー:周縁国と独債の利回り差が最大

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3073 1.3050 ドル/円 85.77 85.86 ユーロ/円 112.12 112.06

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 266.22 +3.36 +1.3% 英FT100 5,602.54 +94.09 +1.7% 独DAX 6,294.58 +84.82 +1.4% 仏CAC40 3,788.01 +65.99 +1.8%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .81% +.03 独国債10年物 2.47% +.04 英国債10年物 3.16% +.03

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,279.25 +5.25 +.41% 原油 北海ブレント 79.52 +1.31 +1.67%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は反発。ストックス欧州600指数は5営業日ぶりに 上昇した。域内経済の再度のリセッション(景気後退)入りは回避す るとの観測が広がった。

英石油大手BPは上昇。メキシコ湾原油流出事故が発生したマコ ンド油井を恒久的に封鎖したとの発表を受け、買いが入った。ブリッ ト・インシュアランスも高い。アポロ・グローバル・マネジメントが CVCキャピタル・パートナーズと組み、ブリット・インシュアラン スに対する買収提示額を引き上げたことが好感された。製品などの検 査を手掛けるスイスのSGSは上場来高値に上昇した。

ストックス欧州600指数は前週末比1.3%高の266.22。同指 数を構成する19業種すべてが上昇した。

パイオニア・インベストメンツのドイツ部門の株式ポートフォリ オマネジメント責任者、マルクス・シュタインバイス氏は、「投資家 はマクロ経済の動きに対する信頼感を高めつつある。世界経済の成長 は全般的に依然底堅い」と指摘。「市場のセンチメントは高リスク資 産への投資にプラスだ。私は中期的にはなおも前向きだ」と加えた。

BPは2.1%高の411.35ペンス。ブリット・インシュアラン スは4.1%高の1028ペンスと、2008年4月以来の高値。

SGSは5.4%上げて、1694スイス・フラン。同社は、売上高 を14年までに80億スイス・フランに増やす計画を明らかにした。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではポルトガルとアイルランドの国債が下落し、ドイ ツ国債に対する両国債の上乗せ金利が過去最大となった。両国が財政 赤字の穴埋めに充てる資金調達が難航するとの懸念が広がるなか、今 週の国債入札を控えて売りがかさんだ。

ポルトガルとアイルランドの10年債利回りはいずれも1997年 以降の最高となった。アイルランド政府は21日に最大15億ユーロ 相当の満期2014年と18年の国債を発行し、ポルトガル政府は22 日に国債を最大10億ユーロ入札する。

アイルランド中央銀行のホノハン総裁はこの日、投資家の信頼感 を高めるため、同国政府は財政赤字の削減ペースを速める必要がある との認識を示した。

BNPパリバの金利アナリスト、イオアニス・ソコス氏(ロンド ン在勤)は、流通市場では「両国債への買い控えがみられる」と述べ、 「国債入札はスプレッド(利回り格差)拡大の十分な根拠となる。周 縁国にとって市場心理がそれほど好意的でない現在はなおさらだ」と 続けた。

ポルトガル10年債相場は4営業日続落。ロンドン時間午後5時 7分現在、同利回りは前週末比27ベーシスポイント(1bp、bp =0.01%)上昇の6.43%。ドイツ10年債とのスプレッドは26b p拡大の392bp。一時はブルームバーグがデータ収集を開始した 1997年以降の最大となる399bpに拡大した。同国債(表面利率

4.8%、2020年6月償還)価格は1.81ポイント下げ88.48。

アイルランド10年債利回りは13bp上昇の6.54%。ドイツ国 債とのスプレッドは過去最大の404bpとなった。この日の独10年 債利回りは前週末から5bp上げ2.47%。

◎英国債市場

英国債相場は下落し、10年債利回りは約1カ月ぶり高水準となっ た。株高で資金の逃避先である国債に対する需要が後退した。

10年債利回りは前週末比4ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.15%。13日には3.184%まで上げ、先月11日 以来の高水準を付けた。2年債利回りはこの日、3bp上昇し

0.73%。

RIAキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ニック・スタ メンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、「株式相場は先週からかな り回復しており、これで国債の魅力が後退した」と発言。「イングラ ンド銀行(英中央銀行)の議事録が公表されるまで狭いレンジ内での 取引となるだろう」との見方を示した。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の月初来のリターン(投資収益率) はマイナス2.6%となった。年初来ではプラス7.8%。これに対しド イツ国債の今月のリターンはマイナス2%、米国債はマイナス1.2%。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE