ギリシャ中銀:国内銀行向けストレステストの実施を延期

ギリシャ銀行(中央銀行)は、 国内金融機関が対象のストレステスト(健全性審査)の実施を延期す ると発表した。独自のストレステスト実施は欧州連合(EU)が主導 した救済措置(1100億ユーロ規模)の条件のひとつだった。

同中銀の20日の発表によると、今夏にEUが実施したテストと 得られる情報に変わりがないとして、EUや国際通貨基金(IMF)、 欧州中央銀行(ECB)が延期を促していた。新たな日程について は明らかにされていない。

ギリシャ中銀は「国内銀行の支払い能力の現状についてはEU 全域のストレステストで評価が下されている」とし、「現状を考える と、新たにストレステストを実施しても、前回の評価を裏付ける結果 になる可能性が高い」と説明した。