米大統領:失業者にとって景気後退はなお「紛れもない現実」

オバマ米大統領は、失業中の 米国民にとってリセッション(景気後退)は今なお「紛れもない 現実」だと指摘した。

オバマ大統領はワシントンのニュージアムで開かれた米経済 専門局CNBC主催の雇用と経済に関するタウンホール形式の討 論会で、「こうした人々にとっては紛れもない現実だ」と発言。「難 題は穴があまりにも深く、こうした人々の大半が依然として苦し い状況にあることだ」と述べた。

同大統領は、景気の安定に向けて米政権が講じた措置は機能 したと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Kate Andersen Brower in Washington at +1-202-624-1973 or kandersen7@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Schmick at +1-202-624-1923 or wschmick@bloomberg.net